フィルターを使用したツリーの並べ替え


 

フィルターを使用すると、ツリーや表示内の項目を最も関連のある内容ですばやく並べ替えることができます。

フィルタパネルにアクセスするには、ツリーの上部にあるフィルターアイコンをクリックします。 フィルターを適用すると、ツリーにコンテンツが自動的に読み込まれます。

イメージ1

日付範囲を選択

この機能を使用すると、特定の日付範囲内に作成または変更されたアセットを検索できます。例:先週、過去3か月間など

デフォルトでは、Marketoは過去6か月のすべてのコンテンツを読み込みます。 これを変更するには、日付範囲を選択​ドロップダウンから範囲を選択します。 これらの設定は固定されており、次回Marketoにログインしたときにも適用されます。

イメージ2

ラベル

並べ替えの基準とするラベルを入力し、インスタンス内の使用可能なラベルから選択します。

イメージ3

X​をクリックして、フィルターを適用した検索からラベルを削除します。

画像4

タイプ

異なるコンテンツタイプでフィルターする場合は、該当するチェックボックスをオンにします。

画像5

また、コンテンツタイプの横にある矢印をクリックし、使用可能なフィルターから選択することで、これらのオプションをさらに絞り込むこともできます。 例えば、バッチキャンペーンとトリガーの両方に対して、キャンペーン状態でフィルターできます。

画像6

このページ