Marketo Measure Js での GDPR に対する同意の確保

最終更新日: 2023-08-14
  • トピック:
  • Tracking
    このトピックの詳細を表示

EU 一般データ保護規則 (GDPR) は、2018 年 5 月 25 日に施行された欧州連合の法律です。

概要

GDPR の目的は、個人データの使用および保護に関して、EU(欧州連合)および EEA(欧州経済圏)内のデータ主体の権利を強化することです。 「個人データ」とは、識別された自然人や識別可能な自然人に関する情報を指します。 GDPR は、EU 内または EEA 外で、EU 内のデータ主体に対するマーケティング商品やサービスを行っている、または EU 内のデータ主体の行動を追跡している組織に適用されます。ヨーロッパで個人データの処理を伴うデータ主体と取引を行う場合、この法律が適用されます。規制違反者に対する大規模な罰金を科し、コンプライアンス違反に対する罰則は重要です。1 回の違反に対する最大罰金は、2,000 万ユーロまたは世界的年間売上高の 4%のいずれか大きい方です。

デフォルトでは、 bizible.js は、同意を待つように特に設定されていない限り、ユーザーの分析データを収集します。 条件 bizible.js は、ユーザーの同意を待つように設定されています。同意が得られるまで cookie を作成したり、analytics データを送信したりしません。

次の 2 つの方法で bizible.js 同意を待つ

オプション 1 — デフォルトを置き換える bizible.js 次のスクリプトタグ:

<script id="bizible-settings" type="text/javascript" src="https://cdn.bizible.com/scripts/bizible.js" async="" data-consent-button-id="ConsentButtonId"></script>

次を使用する場合、 Google Tag Manager スクリプトをインストールする​を削除する場合は、GTM によって data-attribute が削除されることに注意してください。そのため、代わりに次のスクリプトを使用します。

<span id="bizible-settings" data-consent-button-id="ConsentButtonId"></span>
<script type="text/javascript" src=https://cdn.bizible.com/scripts/bizible.js async=""></script>

メモ

この場合、 bizible.js は、id が「ConsentButtonId」のHTML要素にオンクリックイベントを添付します。

このHTML要素がクリックされると、 bizible.js は、ユーザーの同意を受け取ったことを覚えておき、通常どおり analytics データの収集を開始するための cookie を作成します。

- または -

オプション 2 — デフォルトを置き換える bizible.js 次のスクリプトタグ:

<script id="bizible-settings" type="text/javascript" src="https://cdn.bizible.com/scripts/bizible.js" async="" data-requires-user-consent="true"></script>

これは、 bizible.js :同意に達するまで追跡しません。これは、次の JS API を使用しておこなうことができます。

window['Bizible'] =窓['Bizible'] || { _queue: [], Push: function (o, p) { this._queue.push({ type: o, data: p }); } };

Bizible.Push('Consent', true);

次を使用する場合、 Google Tag Manager スクリプトをインストールする​を削除する場合は、GTM によって data-attribute が削除されることに注意してください。そのため、代わりに次のスクリプトを使用します。

<span id="bizible-settings" data-requires-user-consent="true"></span>
<script type="text/javascript" src=https://cdn.bizible.com/scripts/bizible.js async=""></script>

メモ

bizible.js は、JS API が呼び出された後でのみ、ユーザーの同意を受け取り、通常どおり分析データの収集を開始したことを覚えておくために、cookie を作成します。

一方、お客様は、この API を使用してユーザーの同意を取り消すこともできます。

window['Bizible'] = window['Bizible'] || { _queue: [], Push: function (o, p) { this._queue.push({ type: o, data: p }); } };

Bizible.Push('Consent', false);

このコードを実行すると、 bizible.js 以前に作成され、ユーザーが再同意した場合にのみ analytics データの収集を再開します。

このページ