SSL強制

データを安全に保つため、HTTPSは非推奨です。 AdobeのLivefyreは、2018年8月末までに、HTTP暗号化および安全でないすべてのSSL/TLS暗号化を完全に無効にします。 これは、ユーザーとユーザーのプライバシーを保護するために設計されたAdobe標準です。

誰が影響を受ける?

これは、次のようなLivefyreのお客様に影響を与える可能性があります。

  • CRM、CMS、WordPressまたは他のクライアントからのサーバー間呼び出し。
  • モバイル統合(AndroidおよびiOSアプリ)
  • カスタムアプリケーションまたはカスタムコード

必要なアクションについて

  1. Livefyreのすべてのお客様は、HTTPS経由ですべてのAPIと通信する必要があります。この場合、次のようなトラフィックが発生します。

    • サーバー間統合(CRM、CMS、WordPressなど)
    • モバイル統合(AndroidおよびiOSアプリ)
    • カスタムアプリケーション(Streamhub SDKまたは直接コード化)
  2. サーバー間およびモバイルHTTPクライアントはTLS 1.2をサポートする必要がある

  3. ホスト名を{*}.<network>.fyre.coから<network>.{*}.fyre.coに変更します。 例えば、ホスト名example.network.fyre.conetwork.example.fyre.co"に変更されます。 例:

    • bootstrap.<network_name>.fyre.co<network_name>.bootstrap.fyre.co

    • quill.<network_name>.fyre.co<network_name>.quill.fyre.co

    • admin.<network_name>.fyre.co<network_name>.admin.fyre.co

変更を行ったかどうかを知る方法

既にHTTPSを使用している場合もありますが、Livefyreでは重複チェックをお勧めします。特に次の場合に使用します。

  • CMSまたはCRMからのサーバー間呼び出し。
  • JavaScriptまたはモバイルで、カスタムアプリのカスタムコードまたはSDKの使用。
  • 統合が1年を超える場合。
  • スタック内のテクノロジが1年以上古い場合。

既にHTTPSを使用している場合でも、APIクライアントがTLS 1.2をサポートしていることを確認する必要があります。

APIクライアントがTLS 1.2をサポートしていることを確認するにはどうすればよいですか。

サイトの開発に取り組む人は、次のことができます。

  • クライアントソフトウェアを識別します。
  • バージョンを識別します。
  • ドキュメントを読み、APIクライアントがTLS 1.2をサポートしていることを確認してください。
  • 必要に応じてデバッグモードをオンにします。

TLS 1.2のJavaサポート

Java 8以降のoracleおよびOpenJDK JVMは、デフォルトでは、すべてのSSL接続にTLS 1.2を使用するように設定されています。 Java 8以降を使用する場合は、追加の操作を行う必要はありません。

Java 7以前のバージョンをご利用のお客様は、TLS 1.2を有効にする方法に関する公開ドキュメントを参照してください。

ホスト名を変更する必要がある理由

Livefyreは{*}.<network>.fyre.coドメインにSSL証明書を持っていません。 単にURLをHTTPSに変更すると、アプリケーションが壊れます。

Livefyre SDKの最新バージョンにアップグレードする必要がありますか。

いいえ。代わりに、コードにパッチを適用できます。 コードにパッチを適用するには、静的な文字列を変更してコードを再構築します。 HTTPクライアントが古い場合は、それもアップグレードするか、別のクライアントを使用する必要があります。

どれくらいかかる?

所要時間は、設定に応じて異なります。 単純な実装がある場合、確認にほとんど時間がかかりません。 多くのカスタマイズを行っている場合は、更新されたコードをサーバーにテストして導入するか、新しいアプリをアプリストアに導入する必要があります。 最良の結果を得るために、長期の作業を計画できるように、作業の初期監査を行うことをお勧めします。

この作業を完了する時間帯は何か。

Livefyreは、2018年8月末までにアドビのサービスに対するポート80(HTTP)を無効にし、443(HTTPS)への接続のみをサポートします。 HTTPを使用しようとするブラウザーや他のクライアントは失敗します。

私はいつこの仕事を終える必要がありますか?

2018年7月末までに、すべてのお客様がHTTPSを使用する必要があります。 この期限を満たせない場合は、prioritysupport@livefyre.comでアドビのチームにお問い合わせください。

このページ