2018年9月6日

2018年9月6日リリースのリリースノートです。

新機能

このリリースの実稼働版でリリースされた新機能:

  • Experience ManagerLivefyreでのカスタム誘い文句(CTA) ボタン

    LivefyreExperience Managerの新しいカスタムの誘い文句(CTA:コールトゥアクション)ボタンを使用すると、Webサイト上のUGCを、ビジネスを前進させる実用的なエクスペリエンスに変換できます。 カスタムCTAボタンを使用して、販売の増加、リードの捕捉、より深い関与の促進、オーディエンスに望ましい行動の起こり方などを行います。 カスタムCTAボタンを使用すると、次のことができます。

    • Livefyreのメディアウォール、モザイク、カルーセル、フィルムストリップ、個々の機能カードにあるUGCの任意の部分への追加カスタムボタン。
    • UGCの各部分のボタン、メッセージ、アイコン、色、リンクの数を完全に制御できます。
    • 設定とライブラリ内からカスタムの誘い文句(CTA:コールトゥアクション)を作成、管理、再利用します。
    • Adobe Analyticsを使用して、クリックスルー率を測定します。
  • スマート タグの強化

    • アップロードされたファイルのスマートタグ:「すべてのアセット」のアップロード機能(Googleドライブ、ドロップボックス、Flickrのファイルなど)を使用して、ライブラリにアップロードされたスマートタグ画像をアップロードする機能が追加されました。

    • 安全な作業(SFW)と安全でない作業(NSFW)スマートタグ:Livefyreでキュレーションされた画像は、AIによる数値検出システムによってタグ付けされ、NSFW画像を自動的にフィルタリングできる柔軟性があり、ストリームとUGCライブラリの安全性が向上しました。

      • ソーシャル検索またはストリームでキュレーションされた画像は、保存時に数値検出システムによって分類されます。
      • SFW/NSFWタグでライブラリをフィルタリングし、UGCの管理を迅速化。
      • ストリームからNSFW UGCを自動的に削除する機能

タスク

次の表に示す問題は、このリリースの実稼働バージョンで解決されました。

実稼働版リリース

問題のタイプ コンポーネント リリースノート
バグ コメント コメントアプリでオーディオファイルが正しく再生されない問題を修正しました。
バグ ライブラリ ライブラリURL検索を使用してInstagramを検索すると、カードにビデオではなく画像が表示された場合に、サムネールの上に再生ボタンが表示される問題を修正しました。
バグ ライブラリ instagramURL検索の実行で取得したコンテンツをアプリに投稿するとサムネールが表示されない問題を修正しました。
バグ ライブラリ 製品をアセットに追加した後、そのアセットの詳細を開き、「変換」タブをクリックすると、そのアセットの製品が表示されない問題を修正しました。

UATリリース

次の表に示す問題は、このリリースのUATバージョンで解決されました。

問題のタイプ コンポーネント リリースノート
バグ Socialコンポーネント:メディアのアップロード ユーザーが意図したとおりにメディアをフィルムストリップにアップロードできない問題を修正しました。

このページ