2018年5月24日

2018年5月25日リリースのリリースノートです。

新機能

Instagramの権利の要請、更新パート1。

instagramAPIの変更により、LivefyreからInstagramで権限リクエストを送信する機能を使用できない。 Livefyreでは、ユーザーが権限リクエストを送信できるように、手動で対処する方法が作成されています。 この方法を使用して権限リクエストを手動で送信する機能は、App Content(ライブラリ)では利用できますが、ModQでは利用できません(今後のリリースで提供される予定です)。

  1. instagramの投稿から取得したアセットを開きます。

  2. Rights Requestダイアログボックスを開きます。

    ダイアログボックスが表示され、権限リクエストのテキストが示されます。

  3. 「コピー」ボタンをクリックして、ボックス内のテキストをクリップボードにコピーします。

    Livefyreは、ボックスのテキストをクリップボードに自動的にコピーし、テキストのコピーが完了したことを確認するメッセージを表示します。

  4. 確認メッセージ内のリンクをクリックして、権限を要求しているアセットを含む投稿を開きます。

    LivefyreがInstagramで投稿を開きます。

  5. コピーした権利要求のテキストをInstagramのInstagram投稿に貼り付けます。

  6. 応答に関する投稿を監視します。

  7. instagramのユーザーが権限を付与した場合は、Livefyreで手動で権限を付与できます。

メモ

よりシームレスな回避策(パート2)は、2018年6月15日までに導入されます。 詳しくは、お知らせを参照してください。

タスク

次の表に示す問題は、このリリースで解決されました。

実稼働版リリース

問題のタイプ コンポーネント リリースノート
バグ スタジオ facebookのAPIを更新すると、一部のメディアが正しく表示されない問題を修正しました。

UATリリース

このリリースには、UATリリースノートはありません。

このページ