2017年11月2日

2017年11月2日リリースのリリースノートです。

実稼働版リリース

問題のタイプ コンポーネント リリースノート
機能強化 API アップロードAPIを使用して、アプリのコンテンツを使用して表示およびダウンロードできるオーディオファイルをアップロードできるようになりました。
機能強化 アプリのコンテンツ アップロードしたオーディオファイルを「アプリのコンテンツ」から再生できるようになりました。
機能強化 アプリのコンテンツ この作業項目は、オーディオのアップロードに関する他のストーリーと関連しています。 ここでは、アプリコンテンツからファイルをダウンロードする機能の追加に焦点を当てます。
バグ Rights Management twitterまたはInstagramから削除されたコンテンツをソーシャル検索で保存しようとすると、適切なエラーメッセージが表示されない問題を修正しました。
機能強化 SAFE Studio管理者は、スマートモード拒否と呼ばれる設定に新しいSAFEルールを追加できるようになりました。これにより、スマートモード機能が有効になります。

UATリリース

問題のタイプ コンポーネント リリースノート
バグ カルーセル カルーセルがDesignerに表示されない問題を修正しました。
機能強化 機能カード Feature Cardアプリでは、すべてのコマース機能が有効になっています。
機能強化 Filmstrip アプリでの画像の外観をユーザーがより詳細に制御できるように、フィルムストリップのサイズ変更オプションが追加されました。
機能強化 ライブラリ ユーザーがアセットをライブラリに保存する際、Livefyreでは、Adobe Senseiの機械学習テクノロジーを使用して、アセットの画像内の内容を説明するタグを自動的に追加しています。 これにより、ユーザーはシステム内でこれらのタグを検索できます。 SP
機能強化 Rights Management 削除済みとしてマークされるか、アカウントがプライベートにされた、Instagramコンテンツを含むオープン権利リクエストの場合、権限ステータスには「期限切れ」と表示され、コンテンツがプライベート/削除されたことを示すアクティビティ履歴エントリが示されます。
機能強化 設定 お客様は、「設定」のフッターにプライバシーポリシーとAdobeのサービス規約を表示できるようになりました。
バグ スタジオ Livefyreは、280文字のTwitterアセットをStudioとAppsで完全にレンダリングできるようになりました。

このページ