Adobe TargetでのAdobe Experience Manager Livefyre の使用

Livefyre とAdobe Targetの統合により、Livefyre アプリを Target オファーライブラリと直接共有できます。

Livefyre インスタンスと Target の接続

ユーザー設定でAdobe IMSアカウントをリンクして、Livefyre インスタンスをAdobe Targetに接続します。

  1. Livefyre Studio で、「Users」タブをクリックします。

  2. IMS アカウント統合を介して Target に接続するユーザーアカウントを選択します。

  3. クリック Connect.

  4. IMS 資格情報を入力します。

Adobe IMSアカウントがアクセスできる製品インスタンスが、製品統合ウィンドウにAdobe IMSされます。

これで、Livefyre インスタンスがAdobe Targetに接続されました。

Livefyre アプリのAdobe Targetとの共有

Livefyre Studio で作成したアプリをAdobe Targetと直接共有します。

  1. Livefyre Studio で、「Apps」タブをクリックします。

  2. Adobe Targetに共有するアプリを選択します。

  3. クリック Publish.

  4. 「パブリッシュ設定」で、「 Adobe Target 」スイッチをクリックします。

ターゲットインスタンスのリストが表示されます。

  1. アプリを共有する Target インスタンスを選択します。

  1. クリック Publish.

これで、Livefyre アプリが Target オファーライブラリで使用できるようになりました。 アプリの公開について詳しくは、Target ドキュメントの コンテンツの公開 オファー を参照してください。

このページ