構成オプション

Livefyre StudioからStorify 2のスタイル、表示、ユーザーエンゲージメントの設定オプションを選択します。

スタイルオプション

  • Theme

    明るい」または「暗い」を選択して、表示するコンテンツの背景色を定義します。 この設定に対する変更は、すぐに右側のプレビューに反映されます。 この設定は、アプリの背景、コンテンツテキスト、ユーザーハンドル、タイムスタンプ、共有ボタンおよびソーシャルアイコンの色の選択を制御します。

  • Brand color

    アプリの色を選択します。 この色は、右のプレビューペインに表示されるハッシュタグ、URL、ユーザー名、@メンション、棒グラフ、その他のアプリ固有のコンポーネントに使用されます。

  • Font family

    アプリでユーザーが生成したコンテンツのフォントを選択します。 GeorgiaまたはTimes New Romanを選択すると、そのフォントがコンテンツに割り当てられ、Helvetica Neueがユーザー名と表示名に割り当てられます。 Helvetica、VerdanaまたはTrebuchetを選択すると、これらのフォントがコンテンツ、ユーザー名および表示名に割り当てられます。

  • Posts appear in cards

    有効にすると、投稿は周囲のボックス内に表示され、テーマの選択によって指定された背景色が適用されます。

  • Show header

    有効にすると、ストーリーのヘッダー(並べ替えメニューと閲覧者数)が表示されます。

表示

  • Byline

    有効にした場合、元の発言者の名前をリストするか、ストーリーの署名としてチーム名を選択するかを選択できます。

    メモ

    個々の署名は、コンテンツの元の作成者を必ず反映し、以降のエディターは反映しません。

  • Byline type

    Byline​が有効な場合、このプルダウンを使用して、表示する署名の種類を選択できます。チームのバイライン、または個々の署名 Byline type​の下のフィールドを使用して、署名として表示するテキストを入力します。

    メモ

    Storify 2の任意のエディターによるこの設定に対する最新の変更は、パブリケーションに反映されます。

  • Set time zone

    ストーリーに使用するタイムゾーンを選択できます。 この場所は、ストーリー内のすべての投稿にタイムスタンプを付けるために使用されます。 (エンドユーザーは、これをローカル時間に変換して表示しますが、表示されるタイムスタンプの上にマウスポインターを置くと、ストーリーのタイムスタンプセットが表示される場合があります)。

  • Load more posts

    ユーザーがスクロールダウンして投稿を連続的に表示するか、「表示を増やす」ボタンを表示するかを選択します。

User Engagement

  • Users may share posts

    有効にすると、ユーザーがTwitterやFacebookとストーリーを共有できます。 共有を有効にする方法について詳しくは、設定/統合の設定/ソーシャルシェアを参照してください。

  • Users may add sidenotes

    有効にすると、ユーザーは投稿にサインを追加できます。

  • Number of views

    有効にすると、ストーリーが表示された回数が表示されます。

このページ