スマートタグ

Livefyreは、Adobe Senseiのコンピューター・ビジョン技術を使用して、ライブラリに保存またはアップロードした画像やビデオに自動的にタグ付けします。

スマートタグを使用すると、コンテンツの管理、検索およびキュレーションにかなりの時間を節約できます。 スマートタグを使用すると、次のことができます。

  • テキストだけでなく、画像とビデオのコンテンツに基づいて、保存およびアップロードした画像とビデオを検索し、正確なコンテンツを得る
  • テキストだけでなく、画像やビデオを分析する正確な検索用語に基づいて、ストリーム内のコンテンツを収集する

画像またはビデオを保存またはアップロードすると、Adobe Senseiは自動的にコンテンツをレビューし、3つのカテゴリに135,000の分類子を使用してタグ付けします。

  • 特徴(例えば、猫、犬、ピラミッド、ランドマーク)
  • カテゴリ(例:旅行、観光、美容など)
  • 美的特性(画質、第3のルールなど)
  • SFW/NSFW(これにより、NSFWイメージを自動的にフィルタし、ストリームとUGCライブラリの安全性を向上

スマートタグランキングアルゴリズムは、スマートタグの信頼性スコアを使用してコンテンツをフィルターし、コンテンツの新規コンテンツの数と、ユーザーがコンテンツに与えた星の数を示します。

ビデオのスマートタグ

機能の詳細:

  • スマートタグは、MP4、.aviおよび.movビデオ形式に適用されます
  • サポートされるビデオの最大時間は60秒または50MBです
  • スマートタグは、ソーシャル検索、ストリームおよびライブラリ内のアップロードされたビデオファイルで使用できます

タグの種類:

  • 機能タグ:画像の機能タグ(例えば、猫、犬、ピラミッド、ランドマーク)と同じです。
  • アクションタグ:1つのフレームだけでなく、複数のフレームで発生する機能を特定する。 これらは、ビデオのコンテンツを要約するのにより効果的です。

スマートタグに関する追加情報については、Stream Rule Options for All Stream Rulesを参照してください。

このページ