電子メール通知

ユーザーが通知の頻度とコンテンツを選択できるようにします。

ユーザーおよびモデレーターへの電子メール通知を有効にします。

Livefyre Appsを使用すると、特定のアクションに基づいて、ユーザーとモデレーターに電子メール通知を有効にできます。 通知は、ストリームにコンテンツが投稿された時間に基づいており、ユーザーは、関心のある会話に参加したままでいられ、自分のコメントに対して誰かが「いいね!」または返信をしたときに通知を受け取ることができます。

ユーザーおよびモデレーターは、電子メール通知の有効/無効を切り替えるこオプトインとができ、電子メールの受信頻度を設定できます。 この節では、これらの電子メール通知を設定およびカスタマイズする方法について説明します。

  • User Email Options:使用可能なユーザー通知オプション。
  • モデレーターの電子メールオプション:使用可能なモデレーター通知オプション。
  • Livefyre ID電子メールオプション:Livefyre Idの一部として送信される電子メール。 これらの電子メールは、Livefyre IDのお客様にのみ関連します。
  • Livefyreとのデータ同期:環境設定の管理とLivefyreの同期
  • 電子メールのカスタマイズ:使用可能な電子メールのカスタマイズ。

設定/統合設定/電子メール通知設定​オプションを使用して、ネットワークの電子メール通知をカスタマイズします。

メモ

エンドユーザーが意図しないメールを受信しないようにするために、Livefyre UAT環境から電子メール通知は送信されません。

User Email Options

Livefyreを使用すると、ユーザーがサイトアクティビティの電子メール通知を受信できるようにできます。 Livefyreが提供するユーザープロファイル統合の設定を使用して、ユーザーが通知スケジュールの環境設定を選択できるようにします。

メモ

電子メールは、手動でストリームに投稿されたコンテンツに対してのみ送信され、SocialSyncから取り込まれたコンテンツに対しては送信されません。

ユーザーが通知の環境設定を行えるようにするには、ユーザープロファイルシステムの「ユーザー設定」に「電子メール通知」セクションを含めます。 ユーザープロファイルデータベーススキーマ追加に対応するフィールドを選択し、Pingを使用してPullでユーザー設定を管理します。 (テクニカル統合マネージャーと協力して、ネットワークのデフォルトの頻度を定義します。 Enterpriseプロファイルのお客様は、Livefyre配信で設定するために、選択したデフォルトをLivefyreデータベースチームに渡します)。

その後、サイト上のユーザーは会話をフォローし、コメントエディターの​+Follow​ボタンをクリックして電子メール通知の受信を開始できます。 通知設定は、Livefyreネットワークレベルで定義されます。 すべてのユーザー設定は、ネットワーク全体のすべてのサイトと会話に適用されます。

推奨されるデフォルト

  • 次の会話の中で誰かがコメントをした:時間別ダイジェスト
  • 誰かが自分のコメントの1つを「いいね!」しています:時間別ダイジェスト
  • 自分のコメントの1つに対して誰かが返信した:すぐに
  • コメントを残す際の会話の自動フォロー:off (オフ)

注意:電子メール通知は、ストリームに含めるコンテンツが承認される時間に基づいて行われます。

Livefyreオファーには、次の2つの電子メールの頻度オプションがあります。

  • 即時
  • 時間別ダイジェスト

即時

すぐに送信される電子メールには、投稿のテキスト、記事のタイトル、発言者のユーザー名、およびページ上のコンテンツにユーザーを誘導する​返信​リンクが表示されます。 また、これらの電子メールにはフッターに​登録解除​リンクが含まれ、ユーザーはそのコレクションの電子メール通知を登録解除できます。 「登録解除」をクリックすると、コレクションから登録が解除されたことを知らせる確認ページが表示されます。

時間別ダイジェスト

1時間ごとのダイジェストで送信された電子メールは、ユーザーがフォローしているアプリ1件当たり最後の1時間(またはその程度)内のコンテンツに関するすべてのコンテンツ、コンテンツへの返信、「いいね!」を表示します。 ユーザーがネットワーク全体で複数のアプリをフォローしている場合、各アプリについて1つの要約電子メールを受信します。

メモ

数時間以上新しいコンテンツのない会話では、時間別ダイジェストが有効なユーザーは、新しいコンテンツ投稿時に即座に通知を受け取ります。

モデレーターの電子メールオプション

モデレーターは、フォローしているアプリに投稿されたコンテンツの電子メールや、モデレートしているアプリ内のスパムまたは攻撃としてフラグ付けされたコメントの電子メールをオプトイン受信できます。 注意:ユーザーが「同意しない」または「オフトピック」でコメントにフラグを付けた場合、これらのカテゴリはモデレーター通知にとって重要ではないと見なされるので、電子メールは送信されません。

また、モデレーターが電子メール通知の頻度を更新できるように、モデレーターのユーザープロファイル設定ページのデータベーススキーマにも、moderator_commentsフィールドとmoderator_flagsフィールドを追加する必要がありオプトアウトます。 Livefyreでは、これら2つのモデレーターの電子メール通知フィールドを​never​に設定することをお勧めします。 never(デフォルト)、emmodiateしばしば​のオプションがあります。

モデレーター電子メール(フラグ付きのコンテンツ):

モデレートアプリでコンテンツにフラグが付けられると、モデレーターに送信される電子メールには、フラグ付けされたコンテンツ、コンテンツにフラグを付けたユーザー名およびコンテンツページに戻るリンクが表示されます。

ユーザーがプロファイルシステム内のサイトで電子メール通知の環境設定を変更した場合、LivefyreのPing for Pullを使用して、Livefyreのリモートプロファイルシステムにアップデートを同期します。

Livefyreとのデータ同期

電子メールのカスタマイズ

電子メール通知テンプレート内のいくつかのフィールドは、スタイルやブランドに合わせて変更される場合があります。

  • From Email Address

    すべての電子メール通知の「送信者の電子メールアドレス」は、ブランドに合わせてカスタマイズできます。 Livefyreでは、noreply@customerdomain.com​を推奨し、customerdomain​をドメイン名に置き換えます。 (デフォルトは​noreply@livefyre.com​です)。 ネットワーク用のLivefyreデータベースの設定を行うには、ご希望の「送信者の電子メールアドレス」をTechnical Integration Managerに渡してください。

    メモ

    ネットワークに対する電子メール通知を無効にする場合は、このフィールドを空白のままにします

  • Email Logo

    電子メール通知に表示されるロゴは、Studioの​会社設定​ページの「ブランディング」タブを使用して、初期設定のLivefyreロゴではなく、ネットワークロゴを表示するようにカスタマイズできます。 このカスタマイズは、ネットワークレベルでのみ利用でき、サイトレベルでは利用できません。また、有料のLivefyreユーザーのみ利用できます。

  • Custom Templates

    必要に応じて、完全にカスタマイズされた電子メールテンプレートを実装できます。 ただし、これには多少の開発作業が必要となり、プロのサービス費がかかる場合があります。 詳しくは、担当のアカウントマネージャーにお問い合わせください。

この機能を使用するアプリ:

このページ