ストリームからのコンテンツのモデレート

ライブラリを使用して、ストリームからのコンテンツをモデレートします。

モデレーターは、ライブラリを使用して、承認待ちコメントをストリームから直接承認または拒否できます。

保留中のコンテンツをモデレートするには、Pending​ボタンの上にマウスを移動します。

Pending​ボタンが変更され、コメントを拒否する(x)か承認する()かを選択できます。

コメントスペースにマウスを移動すると、次のモデレートオプションが表示されます。

  • Ban user: ユーザーがコンテンツをサイトに追加できないようにします。

    メモ

    このオプションはサイトに固有のもので、ユーザーのネットワーク全体からのアクセスは禁止されません。 Sidenotの場合、ユーザーはStudio内からのみ禁止され、ストリーム内からは禁止されません。

  • Bozo: コンテンツの作成者をボゾスします。Sidenoteの場合、ユーザーはStudio内からのみボゾに任せられ、ストリーム内からはボゾに任せられません。

  • Delete: スレッドから内容を削除します。

  • Flag: フラグモーダルを開き、コンテンツ(スパム、攻撃者、同意しない、またはオフトピック)のフラグを選択したり、必要に応じてフラグに関連付ける電子メールアドレスを入力したり、メモを追加したりできます。

  • Share: 共有モーダルを開きます。このモーダルを使用すると、FacebookまたはTwitterと共有したり、テキストを編集したり、コンテンツ自体にパーマリンクを含めたりできます。

  • Feature: コンテンツの特徴。

この機能を使用するアプリ:

このページ