Livefyre Identityと共に使用するMicrosoft Live Identityアプリケーションの作成

Livefyre IDをMicrosoft Live Identityと共に使用すると、ユーザーはFacebookログインを使用してサイト上のアプリを操作できます。

ユーザーがMicrosoft Live Idの資格情報を使用してログインできるようにするには、Livefyreに次のMicrosoft Live Identity情報が必要です。

  • クライアントID(秘密鍵)
  • クライアントシークレット(パスワード)

Livefyre Identityで使用するMicrosoft Live Identityアプリを作成するには:

  1. https://apps.dev.microsoft.comでMicrosoft Liveアカウントを作成するか、Microsoft Liveアカウントにサインインします。
  2. Livefyre IDで使用する新しいアプリを作成するか、既存のアプリを選択します。
  3. Add Platform​をクリックし、プラットフォームの種類として「Web」を選択します。
  4. Allow Implicit Flow​オプションがチェック済みであることを確認し、{network-name}ではなく、お使いのネットワーク名を使用して、リダイレクトURLを入力します。https://identy.livefyre.com/{network-name}.fyre.co/api/v.1.0/public/profile/social/complete/mslive_fyre.
  5. 新しいパスワードとキーのペアを生成して、秘密鍵を取得します。
  6. Livefyre Integration Settings Livefyre Identity Microsoft Live​で、Enable Microsoft Live Login​を​On​に切り替えます。
  7. Microsoft Live Client IDとMicrosoft Live Client Secretを入力します。
  8. クリック Save Settings.

完了すると、Microsoft Live Idのアプリの詳細ページに、Studioの統合設定ページで使用するアプリのクライアントID(Consumer key)とクライアントシークレット(Consumer secret)がリストされます。

このページ