SSOの実装

Livefyreアプリでトリガーされないフローを通じてLivefyreでユーザーを認証する場合、Livefyreでは、AuthDelegateオブジェクトにforEachAuthenticationメソッドを実装することをお勧めします。

authDelegateauth.delegateに渡されると呼び出され、複数回渡すことができる認証関数が渡されます。 この方法は、認証イベントの制御を逆にすることで、認証に対するグローバル参照を必要とせずにAuthDelegateobjectを自己完結させることができるようにします。

authDelegate.forEachAuthentication = function (authenticate) { 
 window.addEventListener('userAuthenticated', function(data) { 
  authenticate({livefyre: data.token}); 
 }); 
}

Livefyreは、認証の調整にユーザートークンを使用します。 その結果、Livefyreでユーザーを認証するには、IDサービスからこのトークンを返す必要があります。 Livefyreのユーザートークンの作成方法について詳しくは、ユーザー認証トークンの作成を参照してください。

メモ

ログインが正常に完了すると、authはユーザーのセッションを作成し、ページが更新されてから再読み込みされると、ユーザーのセッションの読み込みを試みます。 auth.logout() このセッションをクリアします。つまり、認証とは独立してユーザーのセッションを管理する必要はありません。

このページ