Livefyreのサードパーティとの統合の実装

Livefyreアプリを最初から作成して、カスタマイズしたエクスペリエンスとデータのビジュアライゼーションを作成します。

BootstrapとストリームAPIを使用してLivefyreとソーシャルデータを利用することで、Livefyreアプリを一から作成できます。

認証が必要なLivefyreアプリについては、サポートされるサードパーティの認証プラットフォームについて、IDの統合(英語)を参照してください。

会話アプリ(コメント、チャット、ライブブログ、サイド)の実装:

  1. アプリの統合を実行します。
    a.CollectionMetaトークンを使用したコレクションの作成を参照してください。
    b.Livefyre.jsの埋め込みコード構造を使用して、Livefyreアプリをサイトに統合します。

    • Livefyre.jsの埋め込みコード構造の使用方法について詳しくは、アプリの埋め込みを参照してください。

    • Comments Appの統合方法について詳しくは、コメントを参照してください。

    • チャットアプリの統合方法については、チャットを参照してください。

    • Live Blog Appの統合方法について詳しくは、Live Blogを参照してください。

    • Sidentsアプリの統合方法について詳しくは、Sidentsを参照してください。

  2. 認証統合を実行します。
    a.ユーザー認証トークンを作成して、Livefyreでユーザーデータを渡し、保存します。
    b.サードパーティのユーザーおよび認証プラットフォームを統合する。 サポートされるプラットフォームのリストについては、ID統合を参照してください。

  3. アプリのカスタマイズを実行します。 アプリのカスタマイズオプションを使用して、ブランドやスタイルに合わせたり、カスタム機能を追加したりできます。

ビジュアライゼーションアプリ(Map、Media Wall、Trending、Carousel、Filmstrip、Storify、Feature Card、Mosaic、Poling)を作成するには:

  1. アプリの統合を実行します。
    a.CollectionMetaトークンを使用したコレクションの作成を参照してください。
    b.Livefyre.jsの埋め込みコード構造を使用して、Livefyreアプリをサイトに統合します。 Livefyre.jsの埋め込みコード構造の使用方法について詳しくは、アプリの埋め込みを参照してください。

    • マップアプリの統合方法について詳しくは、マップを参照してください。

    • Media Wallアプリの統合方法について詳しくは、Media Wallを参照してください。

    • トレンド分析アプリの統合方法について詳しくは、トレンドを参照してください。

  2. 認証統合を実行します。
    a.ユーザー認証トークンを作成して、ユーザーデータをLivefyreに渡して保存します。
    b.サードパーティのユーザーおよび認証プラットフォームを統合する。 サポートされるプラットフォームのリストについては、ID統合を参照してください。

メモ

Livefyreは、Livefyre.jsを使用したカルーセル、Filmstrip、Storify、Feature Card、Mosaicおよびポーリングアプリをサポートしていません。

アプリを作成プロセスを使用して、これらのアプリを統合します。

このページ