Common Analytics Plugins 拡張機能の概要

メモ

Adobe Experience Platform Launchは、Experience Platformのデータ収集テクノロジーのスイートとしてリブランドされています。 これらの変更は、今後数週間以内にすべての製品ドキュメントで公開される予定です。 用語の変更点の統合的な参照については、次のドキュメントを参照してください。

このリファレンスは、Common Analytics Plugins 拡張機能の設定に関する情報、およびこの拡張機能を使用してAdobe Analytics 拡張機能を強化するときに使用できるオプションに関する情報です。

Common Analytics Plugins 拡張機能の設定

この節では、Common Analytics Plugins 拡張機能を設定する際に使用できるオプションについて説明します。

重要

Common Analytics Plugins 拡張機能は、Adobe Analytics 拡張機能を強化します。Adobe Analytics 拡張機能を使用するには、プロパティに拡張機能をインストールする必要があります。さらに、トラッカーを Adobe Analytics 拡張機能内でグローバルにアクセスできるようにする必要があります。

拡張機能レベルでは、追加の設定は必要ありません。

Adobe Analytics 拡張機能へのプラグインの追加

この拡張機能で提供されるプラグインを使用するには、まず、独自のルールで使用するプラグインを初期化する必要があります。

  1. 新しいルールを作成します。
  2. コアの追加 - ライブラリ読み込み(ページ上部)イベント
  3. 以下のいずれかの初期化方法を使用します。

Common Analytics Plugins 拡張機能アクションタイプ

この節では、Common Analytics Plugins 拡張機能で使用できるアクションタイプについて説明します。

Common Analytics Plugins 拡張機能は、次のアクションを提供します。

初期設定

重要

このアクションの実装は簡単ですが、プラグインの重み付けが高まるので、アドビコンサルティングではこのアクションの使用をお勧めしません。

このアクションでは、実装に含める各プラグインを選択し、変更を保存できます。実装時に使用する数だけ、または必要な数だけ選択します。各プラグインの使用方法に関するドキュメントへのリンクと簡単な説明が、Analytics プラグインの概要に記載されています。

プラグインの初期化

これらのアクションは、個別に使用する特定のプラグインを初期化します。プロパティで使用するすべてのプラグインを初期化するには、対応するアクションをルールに追加し、ルールを保存します。この方法で拡張を設定すると、通常よりも手間がかかりますが、コードの効率は向上します。そのため、アドビではこの方法を推奨しています。

共通の Analytics プラグイン拡張データ要素

このセクションでは、共通 Analytics プラグイン拡張機能で使用できるデータ要素について説明します。

getGeoCoordinates

ネイティブの Adobe Experience Platform Launch UI を利用して、getGeoCoordinates プラグインをセットアップおよび設定できます。

getNewRepeat

ネイティブの Platform Launch UI を利用して、getNewRepeat プラグインをセットアップおよび設定できます。

getPageName

ネイティブの Platform Launch UI を利用して、getPageName プラグインをセットアップおよび設定できます。

getResponsiveLayout

ネイティブの Platform Launch UI を利用して、getResponsiveLayout プラグインをセットアップおよび設定できます。

getTimeParting

ネイティブの Platform Launch UI を利用して、getTimeParting プラグインをセットアップおよび設定できます。

getTimeSinceLastVisit

ネイティブの Platform Launch UI を利用して、getTimeSinceLastVisit プラグインをセットアップおよび設定できます。

getVisitDuration

ネイティブの Platform Launch UI を利用して、getVisitDuration プラグインをセットアップおよび設定できます。

getVisitNum

ネイティブの Platform Launch UI を利用して、getVisitNum プラグインをセットアップおよび設定できます。

このページ