Adobe Audience Manager 拡張機能の概要

メモ

Adobe Experience Platform Launch は、Experience Platform のデータ収集テクノロジースイートとしてリブランドされています。 これらの変更は、今後数週間以内にすべての製品ドキュメントで段階的に公開される予定です。用語の変更点の一覧については、次のドキュメントを参照してください。

Audience Manager 拡張機能を使用すれば、Audience Manager が使用する DIL コードを Adobe Experience Platform Launch のプロパティと統合できます。

このリファレンスは、この拡張機能を使用してルールを作成するときに使用できるオプションに関する情報です。

メモ

この拡張機能は、Adobe Analytics データのサーバー側転送には使用されません。サーバー側転送の場合は、Adobe Analytics 拡張機能を使用します。

Adobe Audience Manager 拡張機能を設定する

Adobe Audience Manager 拡張機能がまだインストールされていない場合は、プロパティを開いて、エクステンション/カタログ​を選択し、Adobe Audience Manager 拡張機能にカーソルを置いて「インストール」を選択します。

拡張機能を設定するには、「エクステンション」タブを開き、拡張機能にカーソルを置いて「設定」を選択します。

DIL 設定

DIL 設定をおこないます。次の設定オプションを使用できます。

DIL Version

Data Integration Library(DIL)のバージョンを表示します。

この設定は変更できません。

Exclude Specific Paths

除外されたパスのいずれかと URL 一致する場合、拡張機能は読み込まれません。

パスを追加」を選択して、除外された URL を指定します。

URL が正規表現の場合は、正規表現を有効にします。

Use DIL Site Catalyst Module

SiteCatalyst モジュールは、DIL と連携して Analytic タグ要素を Audience Manager に送信します。

コードエディターを使用して siteCatalyst.init ファイルを設定します。

メモを作成し、この設定に関する情報を含めることもできます。

Use DIL Google Analytics Module

Google Analytics モジュールを有効にします。

DIL.create Initialization Properties

DIL.create が使用している初期化プロパティと、visitorService object の名前空間サブプロパティを追加します。コードエディターでは、コードコメントに 2 つの使用例が含まれています。

項目を選択」を選択して、プロパティを追加します。

「i」アイコンの上にマウスポインターを置くと、各プロパティの動作がわかります。プロパティの詳細については、Audience Manager DIL ドキュメントを参照してください。

拡張機能の設定が完了したら、「保存」を選択します。

Adobe Audience Manager 拡張機能のアクションタイプ

このトピックでは、Audience Manager 拡張機能で使用できるアクションタイプについて説明します。

Adobe Audience Manager 拡張機能は、ルールの「Then」部分に次のアクションを提供します。

カスタムコードの実行

コードエディターで設定したカスタムコードを実行します。

コードエディターに目的のコードを入力してから、コードの名前を指定します。このコードは、ルールビルダーの「Then」部分で利用できるようになります。

また、メモを作成し、この設定に関する情報を含めることもできます。

このページ