エッジ拡張機能のデータ要素タイプ

データ要素タイプライブラリモジュールでは、データの一部が取得されます。このデータをどのように取得するかはユーザー次第です。例えば、データ要素タイプを使用して、Adobe Experience Platform Launch のユーザーが XDM レイヤーまたはカスタムデータレイヤーからデータを取得できるように設定することができます。

重要

このドキュメントでは、エッジ拡張機能のデータ要素のタイプについて説明します。web 拡張機能を開発する場合は、web 拡張機能のデータ要素タイプに関するガイドを参照してください。

このドキュメントは、ライブラリモジュールと、それらが Platform Launch の拡張機能に統合される仕組みについても精通していることを前提としています。説明が必要な場合は、このガイドに戻る前に、ライブラリモジュールの形式の概要を参照してください。

ユーザーがカスタムデータレイヤーからデータを取得できるようにするとします。モジュールは次のようになります。

module.exports = (context) => {
  const productName = context.arc.event.data.productName;
  return productName;
};

Platform Launch ユーザーが、返されるデータレイヤーのデータを設定できるようにする場合は、ユーザーがキー名を入力し、その名前を settings オブジェクトに保存できるようにします。オブジェクトは次のようになります。

{
  keyName: "campaignId"
}

ユーザー定義のローカルストレージ項目名を操作するには、モジュールを次のように変更する必要があります。

module.exports = (context) => {
  const data = context.arc.event.data;
  return data[keyName];
};

ライブラリモジュールコンテキスト

すべてのデータ要素モジュールは、モジュールの呼び出し時に提供される context 変数にアクセスできます。詳しくは、こちらを参照してください。

このページ