ペイロードフィールドの定義

ペイロード定義を使用すると、ジャーニーのイベントからシステムが受け取ると想定される情報と、イベントに関連付けられている人を識別するためのキーを選択できます。ペイロードは Experience Cloud XDM フィールド定義に基づいています。XDM について詳しくは、このページを参照してください。

  1. リストから XDM スキーマを選択し、「ペイロード」フィールドまたは​編集​アイコンをクリックします。

    スキーマで定義されているすべてのフィールドが表示されます。フィールドのリストは、スキーマによって異なります。特定のフィールドを検索し、フィルターを使用してすべてのノードとフィールドを表示、または選択したフィールドのみを表示できます。スキーマ定義によっては、一部のフィールドが必須となっており、事前に選択されている場合があります。選択を解除することはできません。イベントがJourney Orchestrationで正しく受信されるために必須のフィールドは、すべてデフォルトで選択されます。

    メモ

    XDM スキーマに「オーケストレーション」Mixin が追加されていることを確認してください。これにより、Journey Orchestration と連携するために必要な情報がスキーマにすべて含まれるようになります。

  2. イベントから受け取るフィールドを選択します。これらは、ビジネスユーザーがジャーニーで活用するフィールドです。また、イベントに関連付けられた個人を識別するために使用するキーも含める必要があります(このページを参照)。

    メモ

    システム生成イベントの場合は、Journey Orchestration がイベントを識別できるよう、選択されたフィールドのリストに eventID フィールドが自動的に追加されます。イベントをプッシュするシステムでは ID を生成しないため、ペイロードプレビューにある ID を使用する必要があります。このページを参照してください。

  3. 必要なフィールドの選択が完了したら、「保存」をクリックするか、Enter キーを押します。

    選択したフィールドの数が「ペイロード」フィールドに表示されます。

このページ