Journey Orchestrationにイベントを送信するための追加手順

メモ

イベントを作成する際、Journey OrchestrationはこのイベントのIDを自動的に生成します。 イベントをプッシュするシステムでは ID を生成しないため、ペイロードプレビューにある ID を使用する必要があります。このページを参照してください。

イベントを​ストリーミング取得 API​に送信し、Journey Orchestration で使用するように設定するには、次の手順に従う必要があります。

  1. Adobe Experience Platform APIからインレットURLを取得します(ストリーミング取得APIを参照)。
  2. イベント​メニューのペイロードプレビューから、ペイロードをコピーします。このページを参照してください。

次に、コピーしたペイロードを使用してイベントをストリーミング取得 API にプッシュするデータ システムを設定する必要があります。

  1. ストリーミング取得 API URL(インレットと呼びます) に対する POST API 呼び出しを設定します。
  2. ストリーミング取得 API への API 呼び出しの本文("data section")で、Journey Orchestration からコピーしたペイロードを使用します。以下に例を示します
  3. ペイロードに存在するすべての変数を取得する場所を決定します。例:イベントがアドレスを伝えることになっている場合、貼り付けられたペイロードには "address": "string" と表示されます。"string" は、正しい値(メッセージを送信する相手のメール)を自動的に入力する変数に置き換える必要があります。ペイロードプレビューの​ヘッダー​セクションでは、作業を容易にするために多くの値が自動的に入力されます。
  4. 本文タイプとして "application/json" を選択します。
  5. "x-gw-ims-org-id" キーを使用して、ヘッダーに IMS 組織 ID を渡します。値には、IMS 組織 ID("XXX@AdobeOrg")を使用します。

以下にストリーミング取得 API イベントの例を示します。

{
    "header": {
        "msgType": "xdmEntityCreate",
        "msgId": "c25585b9-252e-431d-b562-e73da70c04e7",
        "msgVersion": "1.0",
        "xactionId": "f5995abe-c49d-4848-9577-a7a4fc2996fb",
        "datasetId": "string - required if you want the data to land in a specific dataset - not mandatory",
        "imsOrgId": "XXX@AdobeOrg",
        "schemaRef": {
            "id": "XXX",
            "contentType": "application/vnd.adobe.xed-full+json;version=1"
        },
        "source": {
            "name": "Journeys"
        }
    },
    "body": {
        "xdmMeta": {
            "schemaRef": {
                "id": "XXX",
                "contentType": "application/vnd.adobe.xed-full+json;version=1"
            }
        },
        "xdmEntity": {
            "_instance_name": {
                "person": {
                    "firstName": "string",
                    "lastName": "string",
                    "gender": "string",
                    "birthYear": 10,
                    "emailAddress": "string"
                }
            },
            "identityMap": {
                "Email": [
                {
                    "id": "string"
                    }
                ]
            },
            "_id": "string",
            "timestamp": "2018-05-29T00:00:00.000Z",
            "_experience": {
                "campaign": {
                    "orchestration": {
                    "eventID": "XXX"
                    }
                }
            }
        }
    }
}

"data" 部分をどこに貼り付けるかを特定しやすくするために、https://jsonformatter.curiousconcept.com などの JSON ビジュアライゼーションツールを使用できます。

ストリーミング取得 API のトラブルシューティングについては、このページを参照してください。

このページ