Adobe Experience Platform データソース

Adobe Experience Platformデータソースは、リアルタイム顧客プロファイルサービスへの接続を定義します。 このデータソースは組み込みで事前設定されています。 削除できません。 このデータソースは、Real-time Customer Customer Serviceからデータを取得して使用するように設計されています(例えば、旅に出た人が女性かどうかを確認します)。 プロファイルデータとエクスペリエンスイベントデータを使用できます。 Real-time Customer Customer Serviceの詳細については、ページを参照してください。

メモ

1年未満で作成された最新の1,000件のエクスペリエンスイベントを取得できます。

Real-time Customer Customer Serviceへの接続を可能にするには、キーを使用して人を特定し、キーを変換する名前空間を使用する必要があります。 その結果、キーと名前空間を含むイベントを持つジャーニー開始の場合にのみ、このデータソースを使用できます。 このページを参照してください。

「ProfileFieldGroup」という名前の事前設定済みのフィールドグループを編集し、新しいグループを追加して、ドラフトまたはライブジャーニーで使用されていないフィールドグループを削除できます。 このページを参照してください。

組み込みデータソースにフィールドグループを追加する主な手順は次のとおりです。

  1. データソースのリストから、ビルドインAdobe Experience Platformデータソースを選択します。

    画面の右側にデータソース設定ペインが開きます。

  2. 新しいフィールドグループ追加​をクリックして、取得する一連のフィールドを定義します。 このページを参照してください。

  3. スキーマ​ドロップダウンからスキーマを選択します。 このフィールドリストのプロファイルとエクスペリエンスのイベントスキーマは、Adobe Experience Platformで入手できます。 Journey Orchestrationではスキーマの作成は実行されません。 Adobe Experience Platformで行われる

  4. 使用するフィールドを選択します。

  5. キャッシュ期間を定義します。

  6. 保存」をクリックします。

フィールドグループの名前にカーソルを置くと、右側に2つのアイコンが表示されます。 フィールドグループを削除し、重複できます。 「削除」アイコンは、フィールドグループがライブまたはドラフトの遍歴で使用されていない場合(​で使用」フィールドに表示される情報)にのみ使用できます。

このページ