journeyStep イベントのデータ取得フィールド

このミックスインは、jearnyStepEventとjearnyStepProfileEventで共有されます。

ステップの処理中に、フィールドグループに対してN個のデータ取得を行うことができます。

fetchTotalTime

ステップ処理中のデータ取得に費やした合計時間(ミリ単位)です。

タイプ:long

fetchTypeInError

取得エラーがAdobe Experience Platform上にあるか、カスタムデータソース上にあるかを定義します。

タイプ:string

値:

  • aep
  • custom

fetchError

データ取得の処理時に発生するエラーの種類です。

タイプ:string

値:

  • http
  • 制限
  • 時限
  • error

fetchErrorCode

取得エラーのコード。 HTTPなどのコードがエラーにある場合に表示されます。 例えば、actionExecErrorがhttpの場合、コード404はHTTP 404エラーを表します。

タイプ:string

fetchOriginError

タイムアウトは、次の2つの場合に発生する可能性があります。

  • 最初に実行しようとすると、アクションが実行されます。 この場合、実行は完了せず、基になるエラーはありません
  • 再試行時:この場合、actionExecOrigError/actionExecOrigErrorCodeは、再試行前に試行されたエラーを示します。

例えば、統合プロファイルサービスからデータを取得中で、最初の試行時にHTTP 500エラーが返されます。 フェッチは再試行されますが、2回の試行の時間がタイムアウトを超えます。 次に、アクションの実行にタイムアウトのタグが付けられます。 アクションパーツは次のようになります。

    ...
    "fetchTypeInError": "aep",
    "fieldgroupIdInError": "MyProfileFieldgroup",
    "fetchError": "timedout",
    "fetchOrigError": "http",
    "fetchOrigErrorCode": "500"

タイプ:string

fetchOriginErrorCode

システムJourney Orchestrationから提供されたエラーコードを照会しています。 例えば、404、500などの

タイプ:string

fetchCount

ソースのタイプに関係なく、データがフェッチされる回数。

タイプ:long

fetchPlatformTotalTime

Adobe Experience Platformからデータを取得するのに要した合計時間(ミリ秒)。 備考:この時間は、エンジンがエンリッチメントイベントをエンリッチメントサービスに送信し、応答を受信した時間から計算されます。

タイプ:long

fetchPlatformCount

データがAdobe Experience Platformから取得された回数。

タイプ:long

fetchCustomTotalTime

カスタムデータの取得にかかる時間(ミリ秒)。 備考:この時間は、エンジンがエンリッチメントイベントをエンリッチメントサービスに送信し、応答を受信した時点から計算されます

タイプ:long

fetchCustomCount

カスタムデータが外部システムからフェッチされた回数。

タイプ:long

このページ

Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now