カスタムアクションの使用

カスタムアクションを使用している場合は、アクション設定画面に URL設定認証のパラメーターが読み取り専用で表示されます( このページを参照 )。

メモ

カスタムアクションパラメーターでコレクションを渡すことはできません。 カスタムアクションでコレクションが必要な場合は、動作しません。 また、パラメーターの形式が正しいことにも注意してください(例:文字列、10進数など)。 これらの想定される形式には注意が必要です。

Action parameters 」セクションには、「Variable」と定義されたメッセージパラメーターが表示され __​ます。 これらのパラメーターに対して、この情報を取得する場所を定義できます(例:イベント、データソースなど)、値を手動で渡すか、高度な用途にはアドバンス式エディターを使用します。 高度な使用例としては、データ操作やその他の関数の使用が考えられます。 See this page

このページ