Adobe Campaign のアクションの使用

Adobe Campaign Standardをお持ちの場合は、次の既成のアクションアクティビティを使用できます。 電子メールプッシュSMS

メモ

この場合、組み込みのアクションを設定する必要があります。 このページを参照してください。

これらの各チャネルに対して、Adobe Campaign Standardトランザクションメッセージング テンプレートを選択します。 確か Journey Orchestration に、メッセージ送信の解決策ではありません。 組み込み型の電子メール、SMS、プッシュチャネルの場合、メッセージ送信を実行するのにトランザクションメッセージを使用します。 つまり、ジャーニーで特定のメッセージテンプレートを使用する場合は、Adobe Campaign Standardで公開する必要があります。 この機能の使い方 、このページを参照してください。

メモ

Journey Orchestrationで使用するには、Campaign Standardトランザクションメッセージとそれに関連するイベントを公開する必要があります。 イベントが公開されているが、メッセージが表示されていない場合は、Journey Orchestrationインターフェイスに表示されません。 メッセージが発行されても関連イベントが発行されない場合は、Journey Orchestrationインターフェイスに表示されますが、使用できません。

イベント(リアルタイム)またはプロファイルトランザクションメッセージングテンプレートを使用できます。

メモ

リアルタイムトランザクションメッセージ(rtEvent)を送信する場合、またはカスタムアクションの影響でサードパーティ製システムと共にメッセージをルーティングする場合は、疲労管理、ブロックリスト管理、購読解除管理に特定の設定が必要です。 例えば、「unsubscribe」属性がAdobe Experience Platformまたはサードパーティのシステムに保存されている場合、この条件を確認するためにメッセージを送信する前に条件を追加する必要があります。

テンプレートを選択すると、アクティビティのペイロードで予想されるすべてのフィールドが、「 アドレス 」および「 パーソナライゼーションデータ」の下のメッセージの設定ウィンドウに表示されます。 これらの各フィールドを、使用するフィールド(イベントまたはデータソース)にマップする必要があります。 また、高度な式エディターを使用して、手動で値を渡したり、取得した情報に対してデータ操作を実行したり(例えば、文字列を大文字に変換)、「if, then, else」などの関数を使用したりできます。 このページを参照してください。

電子メールとSMS

Email​SMSの場合、パラメータは同じです。

メモ

電子メールの場合、プロファイルのトランザクションテンプレートを使用している場合、購読解除のメカニズムはCampaign Standardによってすぐに処理されます。 テンプレートに 購読解除リンク 、コンテンツブロックを追加するだけで済みます(詳細)。 イベントベースのテンプレート(rtEvent)を使用している場合は、メッセージ内に、URLパラメーターにユーザーの電子メールを渡し、購読解除ランディングページを指すリンクを追加する必要があります。 このランディングページを作成し、登録解除の決定がAdobeに送信されることを確認する必要があります。

最初に、トランザクションメッセージングテンプレートを選択する必要があります。 このページを参照してください。

次の2つのカテゴリを使用できます。 アドレス & パーソナライゼーションデータ

インターフェイスを使用して、 住所​個人情報の取得場所を簡単に定義できます。 イベントや使用可能なデータソースのフィールドを参照できます。 高度な式エディターを使用すると、パラメーターの渡しや操作の実行が必要なデータソースの使用など、より高度な使用例に対しても使用できます。 このページを参照してください。

アドレス

メモ

このカテゴリは、「イベント」トランザクションメッセージを選択した場合にのみ表示されます。 「プロファイル」メッセージの場合、 アドレス (Address)フィールドは、システムによって自動的にAdobe Campaign Standardから取得されます。

以下は、メッセージの送信先をシステムが知るために必要なフィールドです。 電子メールテンプレートの場合は、電子メールアドレスです。 SMSの場合は、携帯電話番号です。

パーソナライゼーションデータ

メモ

個人設定データでコレクションを渡すことはできません。 トランザクション用の電子メールまたはSMSでコレクションが必要な場合は、機能しません。 また、パーソナライゼーションデータの形式が期待通りであることにも注意してください(例:文字列、10進数など)。 これらの想定される形式には注意が必要です。

これらは、Adobe Campaign Standardのメッセージで予想されるフィールドです。 これらのフィールドは、メッセージのパーソナライズ、条件付き書式の適用、特定のメッセージバリアントの選択を行うために使用できます。

プッシュ

プッシュアクティビティを使用する前に、プッシュ通知を送信するCampaign Standardと共にモバイルアプリを設定する必要があります。 この 記事を使用して 、モバイルに必要な実装手順を実行します。

最初に、ドロップダウンリストとトランザクションメッセージからモバイルアプリを選択する必要があります。 このページを参照してください。

次の2つのカテゴリを使用できます。 ターゲット & パーソナライゼーションデータ

ターゲット

メモ

このカテゴリは、イベントメッセージを選択した場合にのみ表示されます。 プロファイル・メッセージの場合、 ターゲット ・フィールドは、Adobe Campaign Standardが実行した調整を使用して、システムによって自動的に取得されます。

この節では、 プッシュプラットフォームを定義する必要があります。 ドロップダウンリストでは、 Apple Push Notification Server (iOS)または Firebase Cloud Messaging (Android)を選択できます。 イベントまたはデータソースから特定のフィールドを選択するか、高度な式を定義することもできます。

また、 登録トークンを定義する必要があります。 式は、イベントペイロードまたは他の Journey Orchestration 情報でのトークンの定義方法に依存します。 単純なフィールドにすることも、例えばコレクション内でトークンが定義されている場合に備えて、より複雑な式にすることもできます。

@{Event_push._experience.campaign.message.profileSnapshot.pushNotificationTokens.first().token}

パーソナライゼーションデータ

メモ

個人設定データでコレクションを渡すことはできません。 トランザクションプッシュでコレクションが必要な場合、機能しません。 また、パーソナライゼーションデータの形式が期待通りであることにも注意してください(例:文字列、10進数など)。 これらの想定される形式には注意が必要です。

これらは、Adobe Campaign Standardのメッセージで使用されるトランザクションテンプレートで期待されるフィールドです。 これらのフィールドは、メッセージをパーソナライズしたり、条件付き書式を適用したり、特定のメッセージバリアントを選択したりするために使用できます。

このページ