プロファイルの更新

プロファイルの更新​アクションアクティビティを使用すると、イベント、データソース、または特定の値を使用して、既存のAdobe Experience Platformプロファイルを更新できます。

重要な注意事項

  • プロファイルの更新​アクションは、名前空間を持つイベントで始まるジャーニーでのみ使用できます。
  • この操作では、既存のフィールドのみが更新され、新しいプロファイルフィールドは作成されません。
  • プロファイル​を更新」アクションを使用して、購入などのエクスペリエンスイベントを生成することはできません。
  • 他のアクションと同様に、エラーやタイムアウトの場合に代替パスを定義し、2つのアクションを並行して配置することはできません。
  • プラットフォームに送信される更新要求は高速ですが、1秒以内には速く送信されません。 通常は数秒かかりますが、保証なしで、もう少し時間がかかります。 その結果、例えば、アクションの直前に配置された「プロファイルを更新」アクションによって更新された「フィールド1」を使用している場合は、そのアクションで「フィールド1」が更新されることを期待しないでください。
  • データソースには、フィールドグループレベルでのキャッシュ期間の概念があります。 ジャーニーで、最近更新されたプロファイルフィールドを活用する場合は、非常に短いキャッシュ期間を定義するように注意してください。
  • テストモードでは、プロファイルの更新はシミュレートされません。 更新はテストプロファイルで実行されます。

プロファイルの更新の使用

  1. イベントから始めて、ジャーニーを設計します。 こちらを参照してください。

  2. パレットの​アクション​セクションで、プロファイルを更新​アクティビティをキャンバスにドロップします。

  3. リストからスキーマを選択します。

  4. [フィールド]をクリックして、更新するフィールドを選択します。 1つのフィールドのみを選択できます。

  5. リストからデータセットを選択します。 データセットの選択によって、プロファイルフィールドの新しい値が格納される場所が決まります。

  6. 「値」フィールドをクリックして、使用する値を定義します。

    • 単純な式エディターを使用して、データソースまたは受信イベントからフィールドを選択できます。

    • 特定の値を定義する場合や高度な機能を活用する場合は、アドバンスモード​をクリックします。

アップデートプロファイル​が構成されました。

このページ