ジャーニープロパティの属性

高度な式エディターでは、イベントカテゴリとデータソースカテゴリの下に​ジャーニープロパティ​カテゴリがあります。 このカテゴリには、特定のプロファイルのジャーニーに関連するテクニカルフィールドが含まれます。 これは、ジャーニー ID や発生した特定のエラーなど、ライブジャーニーからシステムによって取得される情報です。

メモ

ジャーニーのプロパティ属性は、シンプルな式エディターでも使用できます。 このを参照してください。

例えば、次の情報が表示されます。

  • ジャーニーのバージョン:journey uid、journey version uid、instance uidなど
  • エラー:データ取得、アクションの実行など
  • 現在のステップ、最後の現在のステップなど
  • 破棄されたプロファイル

これらのフィールドを使用して式を作成できます。 ジャーニーの実行中、値はジャーニーから直接取得されます。

使用例の例を以下に示します。

  • 破棄されたプロファイルのログ:キャッピングルールによってメッセージから除外されたすべてのプロファイルを、ログ記録の目的でサードパーティシステムに送信できます。この場合、タイムアウトとエラーの場合のパスを設定し、次のように特定のエラータイプでフィルタリングする条件を追加します。「制限ルールで人を破棄」 その後、カスタムアクションを使用して、破棄されたプロファイルをサードパーティシステムにプッシュできます。

  • エラーが発生した場合のアラートの送信:メッセージにエラーが発生するたびに、サードパーティのシステムに通知を送信できます。この場合、エラーが発生した場合のパスを設定し、条件とカスタムアクションを追加します。 例えば、発生したエラーの説明を含むSlackチャネルに関する通知を送信できます。

  • レポートでのエラーの絞り込み :エラーメッセージのパスを1つだけでなく、エラータイプごとに条件を定義できます。これにより、レポートを調整し、すべてのエラータイプデータを表示できます。

フィールドのリスト

カテゴリ フィールド名 ラベル 説明
ジャーニーバージョン journeyUID ジャーニー識別子
journeyVersionUID ジャーニーのバージョン識別子
journeyVersionName ジャーニーのバージョン名
journeyVersionDescription ジャーニーのバージョンの説明
journeyVersion ジャーニーバージョン
ジャーニーインスタンス instanceUID ジャーニーインスタンス識別子 インスタンスのID
externalKey 外部キー ジャーニーをトリガーする個々の識別子
organizationId 組織の識別子 ブランドの組織
sandboxName サンドボックス名 サンドボックスの名前
ID profileId プロファイルID識別子 ジャーニー内のプロファイルの識別子
名前空間 プロファイルID名前空間 ジャーニーのプロファイルの名前空間(例:(ECID)
現在のノード currentNodeId 現在のノード識別子 現在のアクティビティの識別子(ノード)
currentNodeName 現在のノード名 現在のアクティビティの名前(ノード)
前のノード previousNodeId 前のノード識別子 前のアクティビティの識別子(ノード)
previousNodeName 前のノード名 前のアクティビティの名前(ノード)
エラー lastNodeUIDInError エラーの最後のノード識別子 エラーの最新のアクティビティ(ノード)の識別子
lastNodeNameInError エラーの最後のノード名 エラーの最新のアクティビティ(ノード)の名前
lastNodeTypeInError エラーの最後のノードタイプ エラーが発生した最新のアクティビティ(ノード)のエラータイプ。 使用可能なタイプ:
  • イベント:イベント、リアクション、SQ(例:セグメントの選定)
  • フロー制御:終了、条件、待機
  • アクション:ACSアクション、ジャンプ、カスタムアクション
lastErrorCode 最後のエラーコード エラーが発生した最新のアクティビティ(ノード)のエラーコード。 考えられるエラー:
  • HTTPエラーコード
  • キャップ
  • timedOut
  • エラー(例:予期しないエラーが発生した場合のデフォルト。 発生しない、または極めてまれ)
lastExceutedActionErrorCode 最後に実行されたアクションのエラーコード エラーの最新のアクションのエラーコード
lastDataFetchErrorCode 最終データ取得エラーコード データソースからの最新のデータ取得のエラーコード
時刻 lastActionExecutionElapsedTime 前回のアクション実行の経過時間 最新のアクションの実行に費やした時間
lastDataFetchElapsedTime 前回のデータ取得の経過時間 データソースからの最新のデータ取得の実行に費やされた時間

このページ