一般法則規則

括弧と式の優先度

丸括弧は、複雑な式をより読みやすくするために使用できます。 (<expression>) は、と等価で <expression>​す。また、評価の順序と関連付けを定義する際にも括弧を使用できます。

式は左から右に評価されます。 演算子の関連付けを適用する必要があります。乗法や区分は、加算や減算よりも優先されます。 特定の順序を強制するには、演算を区切る括弧を追加する必要があります。 例:

評価
4 + 2 * 10
  • '*'は'+'より優先されます。2 * 10が評価され→ 20
  • 4 + 20 = 24
(4 + 2) * 10
  • 括弧によって優先度が変わります。(4 + 2)を評価→ 6
  • 6 * 10 = 60

大文字と小文字の区別

大文字と小文字の区別に関する様々なルールを次に示します。

  • すべての演算子(および、またはなど) は小文字に書き込む必要があります。 例えば、<expression1><expression2>​は有効な式ですが、<expression1><expression2>​は有効な式ではありません。
  • すべての関数名では大文字と小文字が区別されます。 例えば、inSegment()​は有効ですが、INSEGMENT()​は無効です。
  • フィールド参照と定数値では大文字と小文字が区別されます。演算子や関数とは異なり、言語の組み込み要素ではなく、エンドユーザーが作成します。

返された式タイプ

使用状況に応じて、式エディターから返される値が異なる場合があります。

高度な式エディターの使用 返される式の種類が必要です
条件(データソース条件、日付条件) boolean
カスタムタイマー dateTimeOnly
Actionパラメーターのマッピング 任意

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now