条件付き命令(if, then, else)

アドバンスエディターでは、条件付き命令(if、then、else)がサポートされています。 これにより、より複雑な式を定義できます。 この要素は、次の要素で構成されます。

  • if:最初に評価される条件。
  • then:条件評価の結果がtrueの場合に評価される式。
  • else:条件評価の結果がfalseの場合に評価される式。
メモ

すべての式は括弧で囲む必要があります。

if  (<expression1>)
then
   (<expression2>)
else
   (<expression3>)

<expression1>booleanを返す必要があります

<expression2> とは、同じ型または互換性のある型を持つ <expression3> 必要があります。サポートされている署名と返される型は次のとおりです。

boolean,boolean : boolean
dateTime,dateTime : dateTime
dateTimeOnly,dateTimeOnly : dateTimeOnly
decimal,integer : decimal
integer,decimal : integer
integer,decimal : decimal
duration,duration : duration
string,string : string
listBoolean,listBoolean : listBoolean
listDateTime,listDateTime : listDateTime
listDateTimeOnly,listDateTimeOnly : listDateTimeOnly
listDecimal,listDecimal : listDecimal
listInteger,listInteger : listInteger
listString,listString : listString

使用状況

条件付き命令を使用すると、条件アクティビティの数を減らしてジャーニーワークフローを最適化できます。 例えば、同じアクションアクティビティ内で、1つのフィールド定義に対して1つの条件式のみを使用する2つの代替オプションを指定できます。

アクションアクティビティの例(条件付き命令の結果として文字列が必要なフィールドの場合):

if (startWithIgnoreCase(@{eventiOSPushPermissionAllowed.device.model}, 'iPad') or startWithIgnoreCase(@{eventiOSPushPermissionAllowed.device.model}, 'iOS'))
then
   ('apns')
else
   ('fcm')

このページ

Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Summit Banner

A virtual event April 27-28.

Expand your skills and get inspired.

Register for free
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now
Adobe Maker Awards Banner

Time to shine!

Apply now for the 2021 Adobe Experience Maker Awards.

Apply now