split

最初の引数文字列を区切り文字列(正規表現に使用できる2番目の引数文字列)で分割し、文字列(トークン)のリストを生成します。

カテゴリ

文字列

関数の構文

split(<parameters>)

パラメーター

パラメーター タイプ
入力文字列 文字列
区切り文字列 文字列

署名と戻り値の型

split(<input string>, <separator string>)

listStringを返します。

split(["A_B_C"], "_")

戻り値 ["A","B","C"]

値を持つイベントフィールド「event.appVersion」の例:"20.45.2.3434"

split(@{event.appVersion}, "\\.")

戻り値 ["20", "45", "2", "3434"]

このページ