distinctWithNull

指定されたリストのユニーク値またはオブジェクトを返します。 リストに少なくとも 1 つの null エントリが含まれる場合、返されるリストに null エントリが存在します。

カテゴリ

リスト

関数の構文

distinctWithNull(<parameters>)

パラメーター

パラメーター タイプ 説明
listToProcess listString、listBoolean、listInteger、listDecimal、listDuration、listDateTime、listDateTimeOnly、listDateOnly、listObject のいずれか 処理するリスト。 listObject の場合は、フィールド参照である必要があります。
keyAttributeName 文字列 このパラメーターはオプションで、 listObject に対してのみ使用できます。 パラメーターを指定しない場合、すべての属性の値が同じ場合、オブジェクトは重複していると見なされます。 それ以外の場合、指定された属性が同じ値を持つ場合、オブジェクトは重複していると見なされます。

シグネチャと戻り値のタイプ

distinctWithNull(<listInteger>)

整数のリストを返します。

distinctWithNull(<listDecimal>)

小数のリストを返します。

distinctWithNull(<listString>)

文字列のリストを返します。

distinctWithNull(<listDateTimeOnly>)

タイムゾーンを考慮しない日時のリストを返します。

distinctWithNull(<listDateTime>)

日時のリストを返します。

distinctWithNull(<listDateOnly>)

日付のリストを返します。

distinctWithNull(<listBoolean>)

ブール値のリストを返します。

distinctWithNull(<listDuration>)

期間のリストを返します。

distinctWithNull(<listObject>)

distinctWithNull(<listObject>,<string>)

オブジェクトのリストを返します。

distinctWithNull([10,2,10,null])

[10, 2, null] を返します。

このページ