toDuration

引数の値を期間に変換します。 データタイプの詳細については、このページを参照してください。

カテゴリ

コンバージョン変換

関数の構文

toDuration(<parameter>)

パラメーター

パラメーター 説明
文字列 ISO-8601デュレーション形式PnDTnHnMn.nSに基づく形式(日は正確に24時間と見なされる)
整数 ミリ秒数

If文字列式:指定できる形式は、ISO-8601デュレーション形式PnDTnHnMn.nSに基づき、日は正確に24時間と見なされます。

文字列は、ASCIIの負の記号または正の記号で示されるオプションの記号で始まります。 負の場合は、期間全体が負の値になります。 ASCII文字「P」は大文字または小文字の次に表示されます。 次に、4つのセクションがあり、それぞれが数値とサフィックスで構成されます。 各セクションでは、ASCIIの「D」、「H」、「M」、「S」のサフィックスを日、時間、分、秒で使用し、大文字または小文字で使用できます。 サフィックスは順番に付加する必要があります。 ASCII文字「T」は、1時間、1分、2秒のセクションで最初に出現する文字がある場合はその前に出現する必要があります。 4つのセクションのうち少なくとも1つが存在し、「T」が存在する場合は、「T」の後に少なくとも1つのセクションが存在する必要があります。 各セクションの数値部分は、1つ以上のASCII数字で構成する必要があります。 数字の前には、ASCIIの負の記号または正の記号を付けることができます。 解析を続ける必要がある日数、時間数、分数。 分数(省略可能)と共に解析する秒数。 小数点は、ドットまたはコンマで指定します。 小数部は、0から9桁までの値を持つことができます。

署名と戻り値の型

toDuration(<string>)

toDuration(<integer>)

期間を返します。

toDuration("PT10H")

10時間の期間を返します。

toDuration("PT4S")

4sの期間を返します。

toDuration(4000)

4sの期間を返します。

このページ