inSegment

個人が特定のセグメントに属しているかどうかを確認します。

メモ

最大 100 個のセグメントを取得できます。

セグメント名は、文字列定数である必要があります。 フィールド参照や式は使用できません。

セグメントは Adobe Experience Platform. 式エディターには、自動入力されたセグメントのリストが表示されます。

セグメントには次の 3 つのステータスがあります。

  • 既存:エンティティが引き続きセグメント内に存在します。
  • 実現:エンティティがセグメントに入っています。
  • 終了:エンティティがセグメントから退出しています。

個人のみ 実現済み および 既存 セグメントパーティシペーションのステータスは、セグメントのメンバーと見なされます。 セグメントの評価方法について詳しくは、Segmentation Service ドキュメントを参照してください。

IF inSegment('segmentName') == true は、「 segmentMembership 」が「入力済み」または「既存」のステータスになっていることを意味します。

ELSE inSegment('segmentName') == false は、「終了」ステータスの segmentMembership があることを意味します。

カテゴリ

Adobe Experience Platform

関数の構文

inSegment(<parameter>)

パラメーター

パラメーター 説明 タイプ
セグメント セグメント名 <string>

署名と戻り値の型

inSegment(<string>)

ブール値を返します。

inSegment("men over 50")

説明:

関数はを返します。 true ジャーニーインスタンス内の個人が「men over 50」という名前のAdobe Experience Platformセグメントに属している場合、 false それ以外の場合は

このページ