アクションについて

アクションとは、プッシュ通知、メール、SMS、またはビジネスで使用するその他のデジタルエンゲージメントの手段など、パーソナライズされたリアルタイムのエクスペリエンスを顧客に提供するための接続です。

カスタムアクションを使用すると、メッセージや API 呼び出しを送信するサードパーティシステムの接続を設定できます。アクションは、JSON 形式のペイロードを持つ REST API を介して呼び出すことのできる任意のプロバイダーからの任意のサービスで設定できます。

アクションは、ジャーニーの左側のパレットの「アクション」カテゴリで使用できます。このページを参照してください。

メモ

カスタムアクションの設定は、常に​技術ユーザー​が実行します。

アクション​のリストで「c」を押すと、新しいジャーニー、アクション、データソース、イベントを作成できます。Journey Orchestrationでのショートカットの詳細については、この節を参照してください。

アクションリストを表示したり、新しいアクションを設定したりするには、トップメニューの「アクション」をクリックします。アクションのリストが表示されます。インターフェイスの詳細については、このページを参照してください。

Adobe Campaign Standard を使用している場合は、Adobe Campaign Standard のトランザクションメッセージ機能を使用して E メール、プッシュ通知、SMS を送信するように、デフォルトアクションを設定する必要があります。このページを参照してください。

Adobe Campaign v7 または v8 をお持ちの場合は、リクエストに応じて統合を利用できます。 このページを参照してください。

サードパーティシステムを使用して Epsilon、Facebook、Adobe.io、Firebase などのメッセージを送信する場合は、カスタムアクションを追加して設定する必要があります。このページを参照してください。

Journey Orchestration のアクションを設定し、ジャーニーで使用する方法について詳しくは、このビデオチュートリアルを参照してください。

このページ