パーソナライゼーションの基本を学ぶ

Adobe Journey Optimizer のパーソナライゼーション機能を理解すると、受信者に関するデータと情報を活用して、特定の受信者に合わせてメッセージを作成できます。名前、興味、住所、購入品などの情報です。

➡️ こちらのビデオでメッセージをパーソナライズする方法を学ぶ
➡️ パーソナライゼーションを活用したユースケースを確認する

専用の構文を使用したパーソナライゼーション式の作成

Journey Optimizer ではハンドルバーに基づいた、インライン​のシンプルなパーソナライゼーション構文を使用します。この構文を使用すると、コンテンツを二重の中括弧 {{}} で囲んだ式を作成することができます。同じコンテンツまたはフィールドに、制限なく複数の式を追加できます。詳しくは、パーソナライゼーション構文を参照してください。

例:

  • Hello {{profile.person.name.firstName}} {{profile.person.name.lastName}}
  • Hello {{profile.person.name.fullName}}

メッセージ(メールおよびプッシュ)を処理する際に、Journey Optimizer は式を、 Experience Platform データベースに含まれるデータに置き換えます。Hello {{profile.person.name.firstName}} {{profile.person.name.lastName}} は “Hello John Doe” となります。

プロファイルデータを活用したメッセージのパーソナライズ

パーソナライゼーションは、XDM 個人プロファイル​スキーマ(Adobe Experience Platform で定義)で管理されるプロファイルデータに基づいています。詳しくは、Adobe Experience Platform データモデル(XDM)のドキュメントを参照してください。

注意

XDM 個人版プロファイル​スキーマは、Journey Optimizer でコンテンツをパーソナライズするために使用できる唯一のスキーマです。

様々なコンテキストでのパーソナライゼーションの追加

Journey Optimizer を使用すると、メッセージのコンテンツと表示を複数の異なる方法でパーソナライズできます。この節では、パーソナライゼーションを実行できるコンテキストについて詳しく説明します。

式エディターの操作

Journey Optimizer では、式エディターを使用すると、すべてのデータを選択、整理、カスタマイズ、および検証して、コンテンツ用にカスタマイズされたパーソナライゼーションを作成できます。

パーソナライゼーションコンテンツの作成に役立つツールがいくつか用意されています(ヘルパー関数、事前定義された式ライブラリ、お気に入りの属性など)。

Journey Optimizer 式エディターについて詳しくは、この節を参照してください

ハウツービデオ

ジャーニーのコンテキストイベント情報を使用してメッセージをパーソナライズする方法を説明します。

ジャーニーのコンテキストイベント情報を使用してメッセージをパーソナライズする方法を説明します。

このページ