日時関数

日時関数を使用すると、Journey Optimizer 内の値に対して日時操作を実行できます。

age

age 関数を使用すると、指定された日付からの経過時間を取得できます。

形式

 {%= age(date) %}

currentTimeInMillis

currentTimeInMillis 関数を使用すると、現在の時刻をエポックミリ秒単位で取得できます。

形式

{%= currentTimeInMillis() %}

dateDiff

dateDiff 関数を使用すると、2 つの日付間の差異を日数単位で取得できます。

形式

{%= dateDiff(datetime,datetime) %}

dayOfWeek

dayOfWeek 関数を使用すると、曜日を取得できます。

形式

{%= dayOfWeek(datetime) %}

dayOfYear

dayOfYear 関数を使用すると、通日(1月1日からの通算日数)を取得できます。

形式

{%= dayOfYear(datetime) %}

formatDate

formatDate 関数を使用すると、日時値を書式設定できます。書式は、有効な Java DateTimeFormat パターンである必要があります。

形式

{%= formatDate(date, format) %}

上記の 1 番目の文字列が日付属性で、2 番目の値が日付の変換および表示方法を示します。

メモ

日付パターンが無効な場合、日付は ISO 標準形式にフォールバックします。

Oracle ドキュメントにまとめられている Java 日付書式設定関数を使用できます。

次の操作を実行すると、MM/DD/YY の形式で日付が返されます。

{%= formatDate(profile.timeSeriesEvents._mobile.hotelBookingDetails.bookingDate, "MM/DD/YY") %}

setDays

setDays 関数を使用すると、指定された日時の日付を設定できます。

形式

{%= setDays(date, day) %}

setHours

setHours 関数を使用すると、日時の時を設定できます。

形式

{%= setHours(date, hour) %}

toUTC

toUTC 関数を使用すると、日時を UTC に変換できます。

形式

{%= toUTC(datetime) %}

weekOfYear

weekOfYear 関数を使用すると、年の週番号(何週目か)を取得できます。

形式

{%= weekOfYear(datetime) %}

このページ