演算子

ブール関数

ブール関数は、異なる要素に対してブール論理を実行するために使用します。

および

and 関数は、論理積を作成するために使用されます。

形式

{%= query1 and query2 %}

次の操作は、母国がフランスで、かつ 1985 年に生まれたすべての人を返します。

{%= profile.homeAddress.country = "France" and profile.person.birthYear = 1985 %}

または

or 関数は、論理和を作成するために使用されます。

形式

{%= query1 or query2 %}

次の操作は、母国がフランス、または 1985 年に生まれたすべての人を返します。

{%= profile.homeAddress.country = "France" or profile.person.birthYear = 1985 %}

比較関数

比較関数は、異なる式と値を比較するために使用され、それに応じて true または false を返します。

次に等しい

=(次に等しい)関数は、ある値または式が別の値または式と等しいかどうかを確認します。

形式

{%= expression = value %}

次の操作は、自宅住所の国がフランスかどうかを確認します。

{%= profile.homeAddress.country = "France" %}

次と等しくない

!=(次と等しくない)関数は、ある値または式が別の値または式と等しく​ない​かどうかを確認します。

形式

{%= expression != value %}

次の操作は、自宅住所の国がフランスでないかどうかを確認します。

{%= profile.homeAddress.country != "France" %}

次より大きい

>(次より大きい)関数は、最初の値が 2 番目の値より大きいかどうかを確認するために使用します。

形式

{%= expression1 > expression2 %}

次の操作は、1970 年より後(1970 年は含まない)に生まれた人々を定義します。

{%= profile.person.birthYear > 1970 %}

同じかそれ以上

>=(同じかそれ以上)は、1 つ目の値が 2 つ目の値以上かどうかを確認するために使用されます。

形式

{%= expression1 >= expression2 %}

以下の操作は、1970 年以降に生まれた人々を定義します。

{%= profile.person.birthYear >= 1970 %}

次より小さい

<(次より小さい)比較関数は、最初の値が 2 番目の値より小さいかどうかを調べるために使用されます。

形式

{%= expression1 < expression2 %}

次の操作は、2000 年より前(2000 年を含まない)に生まれた人々を定義します。

{%= profile.person.birthYear < 2000 %}

同じかそれ以下

<=(同じかそれ以下)比較関数は、最初の値が 2 番目の値以下かどうかを確認するために使用されます。

形式

{%= expression1 <= expression2 %}

次の操作は、2000 年以前に生まれた人々を定義します。

{%= profile.person.birthYear <= 2000 %}

数値を使用した操作

このページ