マップ関数

パーソナライゼーションでマップ関数を使用すると、マップとのやり取りが容易になります。

取得

get 関数は、特定のキーのマップの値を取得するために使用されます。

形式

{%= get(map, string) %}

次の操作は、キー example@example.com の ID マップの値を取得します。

{%= get(identityMap,"example@example.com") %}

キー

keys 関数は、特定のマップのすべてのキーを取得するために使用されます。

形式

{%= keys(map) %}

次の操作は、マップ identityMap のすべてのキーを取得します。

{%= keys(identityMap) %}

values 関数は、特定のマップのすべての値を取得するために使用されます。

形式

{%= values(map) %}

次の操作は、マップ identityMap のすべての値を取得します。

{%= values(identityMap) %}

このページ