ヘルパー関数の基本を学ぶ

Journey Optimizer テンプレート言語を使用して、計算、データの書式設定や変換、条件、パーソナライゼーションのコンテキストでの操作など、データの操作を実行します。パーソナライゼーション構文のガイドラインについては、このページを参照してください。

➡️ ヘルパー関数の使用方法については、このビデオをご覧ください

テンプレート言語は、次に示すように、式エディターのパーソナライゼーションドロップダウンリストで使用できるヘルパー関数で利用されます。

Journey Optimizer 式エディターでは、ヘルパー関数は関数ヘルパーおよび演算子の 3 つのカテゴリにグループ化されます。

サブカテゴリと関数にアクセスするには、カテゴリを選択します。

サブカテゴリにアクセスするには、「>」アイコンをクリックします。「+」アイコンをクリックして関数を選択すると、その関数がパーソナライゼーション画面に自動的に追加されます。

...」アイコンをクリックして関数の説明を表示し、お気に入りに追加します。詳細情報

関数

集計関数と配列関数

平均配列内の選択された値すべての算術平均を返します。
カウント指定された配列内の要素数を返します。
Null のみをカウントこの関数はリスト内の null 値の数をカウントします。
null でカウントこの関数は null 値を含むリストのすべての要素をカウントします。
個別重複する値が削除された配列またはリストから値を取得します。
null で個別カウントこの関数は null 値を含む、異なる値の数をカウントします。
最初の項目配列またはリスト内の最初の項目を返します。
配列の最初の n指定した数値式に基づいて昇順で並べ替えられた場合、配列の最初の「N」項目を返します。
次に含まれる項目が配列またはリストのメンバーであるかどうかを判断するために使用します。
次を含む配列またはリストに指定した項目が含まれているかどうかを判定します。
交わり2 つの配列またはリストに、共通メンバーが 1 つ以上あるかどうかを判断します。
配列の最後の n指定した数値式に基づいて昇順で並べ替えられた場合、配列の最後の「N」項目を返します。
最大配列内の選択された値すべての最大値を返します。
最小配列内の選択された値すべての最小値を返します。
次に含まれない項目が配列またはリストのメンバーではないかどうかを判定します。
サブセット特定の配列(配列 A)が別の配列(配列 B)のサブセットであるか、つまり、配列 A のすべての要素が配列 B の要素であるかを判定します。
合計配列内の選択された値すべての合計を返します。
スーパーセットこの関数は、特定の配列(配列 A)が別の配列(配列 B)のスーパーセットであるかどうか、つまり配列 A に配列 B のすべての要素が含まれているかどうかを判定します

日時関数

年齢この関数は、指定された日付からの経過時間を取得します。
現在の時刻 (ミリ秒)この関数は、現在の時刻をエポックミリ秒で取得します。
日付の差異この関数は、2 つの日付間の差異を日数単位で取得します。
曜日この関数は、曜日を取得します。
通日この関数は、通日(1月1日からの通算日数)を取得します。
日付をフォーマットこの関数は、日時値を書式設定します。
日数を設定この関数は、指定された日時の日付を設定します。
時間を設定この関数は、日時の時を設定します。
UTC にこの関数は、日時を UTC に変換します。
年間通算週この関数は、年の週番号(何週目か)を返します。

マップ関数

取得指定されたキーのマップの値を取得するために使用します。
キー指定されたマップのすべてのキーを取得するために使用します。
指定されたマップのすべての値を取得します。

数学関数

絶対パスこの関数は、数値をその絶対値に変換します。
ランダムこの関数は、0 ~ 1 の間のランダムな値を返します。
切り捨てこの関数は、数値を切り捨てます。
切り上げこの関数は、数値を切り上げます。
パーセンテージにこの関数は、数値をパーセンテージに変換します。
精度にこの関数は、数値を必要な精度に変換します。

オブジェクト関数

null でないオブジェクト参照が存在するかどうかを判断するために使用します。
null であるオブジェクト参照が存在しないかどうかを判断するために使用します。

文字列関数

キャメルケース文字列の各単語の最初の文字を大文字にするために使用します。
連結2 つの文字列を 1 つに結合するために使用します。
次を含む文字列が指定の部分文字列を含んでいるかどうかを判定するために使用します。
次を含まない文字列が指定の部分文字列を含んでいないかどうかを判定するために使用します。
次で終わらない文字列の末尾が指定の部分文字列になっていないかどうかを判定するために使用します。
次で始まらない文字列の先頭が指定の部分文字列になっていないかどうかを判定するために使用します。
エンコード 64文字列のエンコードまたはデコードに使用します。
次で終わる文字列の末尾が指定の部分文字列になっていないかどうかを判定するために使用します。
次に等しい文字列の大文字と小文字を区別し、文字列の先頭が指定の部分文字列になっていないかどうかを判定するために使用します。
等しい (大文字と小文字を区別しない)文字列の大文字と小文字を区別せず、文字列の先頭が指定の部分文字列になっていないかどうかを判定するために使用します。
電子メールドメインを抽出メールアドレスのドメインを抽出するために使用します。
URL ホストを取得この関数は、URL ホストを取得するために使用されます。
URL パスを取得この関数は、URL パスの取得に使用されます。
URL プロトコルを取得この関数は、URL プロトコルの取得に使用されます。
インデックスこの関数は 2 番目のパラメーターが最初に現れる(最初の引数内の)位置を返します。一致するものがない場合は「-1」を返します。
空である文字列や式が空かどうかを確認するために使用します。
空でないこの関数はパラメーター内の文字列が空でない場合、true を返します。
最後のインデックスこの関数は 2 番目のパラメーターが最後に現れる(最初の引数内の)位置を返します。一致するものがない場合は「-1」を返します。
左トリミング文字列の先頭から空白を削除します。
長さ文字列や式の文字数を取得するために使用します。
類似文字列が指定のパターンと一致するかどうかを判定するために使用します。
小文字文字列を小文字に変換します。
マスクこの関数は、文字列の一部を「X」の文字に置き換えるために使用されます。
一致文字列が特定の正規表現と一致するかどうかを判定するために使用します。
MD5この関数は、入力文字列の md5 ハッシュを返します。
次と等しくない文字列が指定の文字列に等しくないかどうかを判定するために使用します。
等しくない (大文字と小文字を区別しない)この関数は、大文字と小文字を区別せずに、2 つの文字列を比較します。
正規表現グループ指定された正規表現に基づいて特定の情報を抽出するために使用します。
置換文字列内の指定された部分文字列を別の部分文字列で置き換えます。
すべて置換「target」に一致するテキストのすべての部分文字列を、指定されたリテラルの「replacement」文字列に置き換えます。
右トリミング文字列の末尾から空白を削除します。
分割文字列を指定された文字で分割するために使用します。
次で始まるこの関数は、文字列が指定の部分文字列で始まるかどうかを判定するために使用されます
文字列を日付にこの関数は、文字列を日付に変換するために使用されます。無効な入力に対する出力として、エポック日付を返します。
文字列を整数にこの関数は、文字列値を整数値に変換します。
文字列から数値へこの関数は、文字列を数値に変換するために使用されます。無効な入力の出力と同じ文字列を返します。
部分文字列この関数は文字列式の開始インデックスと終了インデックスの間にある部分文字列を返します。
タイトルケース文字列の各単語の最初の文字を大文字にするために使用します。
ブール値にこの関数雨は引数の値をタイプに応じてブール値に変換します。
日時にこの関数は、文字列を日付に変換するために使用されます。無効な入力に対する出力として、エポック日付を返します。
日時のみにこの関数は引数値を日時のみの値に変換します。無効な入力に対する出力として、エポック日付を返します。
トリミング文字列の先頭と末尾の空白を削除します
大文字文字列を大文字に変換します。
URL デコードこの関数は、URL エンコードされた文字列をデコードするために使用されます。
URL エンコードこの関数は、文字列を URL エンコードするために使用されます。

ヘルパー

ヘルパーの詳細は、このページで説明しています。

デフォルトのフォールバック値この関数を使用すると、デフォルトで変数をレンダリングできます。
Each配列を繰り返すために使用します。
If条件付きブロックの定義に使用します。式の評価が true を返した場合、ブロックがレンダリングされます。
Letこの関数を使用すると、式を変数として保存し、後からクエリで使用できます。
Unless条件付きブロックの定義に使用します。式の評価が false を返した場合、ブロックがレンダリングします。
Withテンプレート部分の評価トークンを変更するために使用します。

演算子

演算関数

演算関数は、値に対する基本的な計算を実行するために使用します。

加算2 つの引数式の合計を求めるために使用します。
除算2 つの引数式の商を求めるために使用します。
乗算2 つの引数式の積を求めるために使用します。
残り 2 つの引数式を除算した後の剰余を求めるために使用します。
減算 2 つの式の差分を求めます。

ブール関数

ブール関数は、異なる要素に対してブール論理を実行するために使用します。

およびこの演算子は論理積を作成します。
またはこの演算子は論理和を作成します。

比較関数

比較関数は、異なる式と値を比較するために使用され、それに応じて true または false を返します。

次に等しい値が等しいかどうかを確認します。
次より大きい最初の値が 2 番目の値より大きいかどうかを確認します。
同じかそれ以上最初の値が 2 番目の値より大きいか、もしくは等しいかどうかを確認します。
同じかそれ以下 最初の値が 2 番目の値より小さいか、もしくは等しいかどうかを確認します。
次と等しくない指定された式が指定された値に等しくないかどうかを確認します。

ハウツービデオ

パーソナライズ機能のヘルパー関数を使用してパーソナライゼーション値を変換する方法と、ヘルパー関数の様々なユースケースを説明します。

このページ