ユースケース:マルチチャネルメッセージの送信

この節では、セグメントの読み取り、イベント、反応イベント、メールやプッシュメッセージを組み合わせたユースケースを示します。

ユースケースの説明

このユースケースでは、特定のセグメントに属するすべての顧客に、最初のメッセージ(メールとプッシュ)を送信します。

最初のメッセージへの反応に基づいて、特定のメッセージを送信するとします。

最初のメッセージの後、顧客がメールまたはプッシュを開封するのを 1 日待ちます。反応がない場合は、フォローアップメールを送信します。

その後、購入されたお客様には感謝の意を表すプッシュメッセージを送信します。

前提条件

このユースケースを実現するには、次の設定をおこなう必要があります。

  • アトランタ、サンフランシスコ、シアトルに住む 1980 年以降生まれのすべての顧客のセグメント
  • 購入イベント

セグメントの作成

このジャーニーでは、特定の顧客セグメントを活用します。セグメントに属する個人は全員ジャーニーにエントリし、別々のステップを進みます。この例では、1980 年以降に生まれた、アトランタ、サンフランシスコ、シアトルに住むすべての顧客をターゲットにするセグメントが必要です。

セグメントの詳細については、このページを参照してください。

  1. 「CUSTOMER」メニューセクションで、「セグメント」を選択します。

  2. セグメントリストの右上にある「セグメントを作成」ボタンをクリックします。

  3. セグメントのプロパティ」ペインに、セグメントの名前を入力します。

  4. 目的のフィールドを左ペインから中央のワークスペースにドラッグ&ドロップし、必要に応じて設定します。
    この例では、「市区町村」と「誕生年」の属性フィールドを使用します。

  5. 保存」をクリックします。

セグメントが作成され、ジャーニーで使用できる状態になります。「セグメントを読み取り」アクティビティを使用すると、セグメントに属するすべての個人をジャーニーに入れることができます。

イベントの設定

顧客が購入したときにジャーニーに送信するイベントを設定する必要があります。ジャーニーはイベントを受け取ると、「ありがとうございました」というメッセージをトリガーします。

ここでは、ルールベースのイベントを使用します。イベントの詳細については、このページを参照してください。

  1. 「管理」メニューセクションで、「設定」を選択し、「イベント」をクリックします。「イベントを作成」をクリックして、新しいイベントを作成します。

  2. イベントの名前を入力します。

  3. イベント ID タイプ」フィールドで、「ルールベース」を選択します。

  4. スキーマ​とペイロードの​フィールド​を定義します。複数のフィールドを使用できます。例えば、購入された製品、購入日、購入 ID などです。

  5. イベント ID 条件」フィールドに、ジャーニーをトリガーするイベントの識別に使用する条件を定義します。たとえば、purchaseMessage フィールドを追加し、次のルールを定義します:purchaseMessage="thank you"

  6. 名前空間​と​プロファイル識別子​を定義します。

  7. 保存」をクリックします。

イベントが設定され、ジャーニーで使用できる状態になります。対応するイベントアクティビティを使用すると、顧客が購入を行うたびにアクションをトリガーできます。

ジャーニーの設計

  1. セグメントを読み取り」アクティビティでジャーニーを開始します。前に作成したセグメントを選択します。セグメントに属するすべての個人がジャーニーに入ります。

  2. メール​アクションアクティビティをドロップし、「最初のメッセージ」のコンテンツを定義します。ジャーニー内のすべての個人にこのメッセージが送信されます。メールを設定およびデザインする方法については、このを参照してください。

  3. メールアクティビティにカーソルを置き、「+」記号をクリックして新規パスを作成します。

  4. 最初のパスに​反応​イベントを追加し、「プッシュの開封」を選択します。セグメントに属する個人が、最初のメッセージのプッシュバージョンを開封すると、このイベントがトリガーされます。

  5. 2 番目のパスに、反応​イベントを追加し、「E メールの開封」を選択します。このイベントは、個人がメールを開封するとトリガーされます。

  6. いずれかの反応アクティビティで、「イベントのタイムアウトを定義」ボックスをチェックし、デュレーション(この例では 1 日)を定義して、「タイムアウトのパスを作成」をチェックします。プッシュまたはメールでの最初のメッセージを開封しなかった人向けに、別のパスが作成されます。

    メモ

    複数のイベント(この場合は 2 つの反応)でタイムアウトを設定する場合は、そのうちの 1 つのイベントにタイムアウトを設定するだけで構いません。

  7. タイムアウトのパスに、メール​アクションアクティビティをドロップし、「フォローアップ」メッセージのコンテンツを定義します。メールやプッシュによる最初のメッセージを開かなかった人に、翌日このメッセージが送信されます。メールを設定およびデザインする方法については、このを参照してください。

  8. 3 つのパスを、前に作成した購入イベントに接続します。個人が購入をおこなうと、このイベントがトリガーされます。

  9. イベントの後に、プッシュ​アクションアクティビティをドロップし、「感謝」メッセージのコンテンツを定義します。プッシュを設定およびデザインする方法については、このを参照してください。

ジャーニーのテストと公開

  1. ジャーニーをテストする前に、ジャーニーが有効であり、エラーがないことを確認します。

  2. 右上隅にある「テスト」トグルをクリックして、テストモードを有効にします。テストプロファイルをどのようにテストにエントリさせるか(1 つのプロファイル、または一度に最大 100 個)を定義します。テストモードの使い方については、このを参照してください。

  3. ジャーニーの準備が整ったら、右上隅の「公開」ボタンを使用して公開します。

このページ