別のサンドボックスへのジャーニーのコピー

Journey Optimizer では、1 つのサンドボックスから別のサンドボックスにジャーニー全体をコピーできます。例えば、ステージサンドボックス環境から実稼動サンドボックスにジャーニーをコピーできます。Journey Optimizerでは、ジャーニー自体に加えて、ジャーニーが依存するオブジェクトのほとんどもコピーします。セグメント、サーフェス(プリセット)、スキーマ、イベント、アクションが含まれます。 制限事項を参照してください。

注意

リンクされたすべての要素が宛先サンドボックスにコピーされるとは限りません。ジャーニーを公開する前に、徹底的に確認することを強くお勧めします。これにより、欠けている可能性のあるオブジェクトを特定できます。

ターゲットサンドボックスにコピーされたオブジェクトは一意で、既存の要素が上書きされるリスクはありません。ジャーニーとジャーニー内のあらゆるメッセージは、両方ともドラフトモードで引き継がれます。これにより、ターゲットサンドボックスで公開する前に、徹底的な検証を実行できます。コピープロセスでは、ジャーニーとそのジャーニー内のオブジェクトに関するメタデータのみをコピーします。プロファイルまたはデータセットのデータは、このプロセスの一環としてコピーされません。

ジャーニーを別のサンドボックスにコピーするには、次の手順に従います。

  1. 「ジャーニー管理」メニューセクションで、「ジャーニー」をクリックします。ジャーニーのリストが表示されます。

  2. コピーするジャーニーを検索し、「その他のアクション」アイコン(ジャーニー名の横にある 3 つのドット)をクリックし、「サンドボックスにコピー」をクリックします。

    サンドボックスにコピー​画面が表示されます。

  3. ドロップダウンフィールドから「ターゲットサンドボックス」を選択します。IMS 組織内のサンドボックスのみ使用できます。

  4. 依存オブジェクト」セクションを確認します。これは、ジャーニーで使用される関連オブジェクトのリストです。このリストには、名前、オブジェクトタイプおよび内部 Journey Optimizer ID が表示されます。

  5. 右上隅の「コピー」ボタンをクリックして、ターゲットサンドボックスへのジャーニーのコピーを開始します。

    コピー処理が開始され、個々のオブジェクトの進行状況が表示されます。コピー処理は、ジャーニーの複雑さや、コピーする必要のあるオブジェクトの数によって異なります。エラーが発生した場合は、関連するオブジェクトについてのメッセージが表示されます。

  6. コピーが完了したら、「閉じる」をクリックします。

  7. ターゲットサンドボックスにアクセスし、コピーしたすべてのオブジェクトを徹底的に確認します。

コピープロセスと制限事項

リンクされたすべての要素が宛先サンドボックスにコピーされるとは限りません。徹底的に確認することを強くお勧めします。欠けている可能性のあるオブジェクトを特定し、ジャーニーを公開する前に手動で作成します。

コピーされるオブジェクトは次のとおりです。

  • セグメント

    セグメントは、一方のサンドボックスからもう一方のサンドボックスに 1 回だけコピーできます。セグメントをコピーした後は、宛先サンドボックスで編集することはできません。

  • スキーマ

    このジャーニーで使用されているスキーマがコピーされます。

  • メッセージ

    ジャーニーで使用されるチャネルアクションアクティビティ。 メッセージ内のパーソナライゼーションに使用されるフィールドが完全かどうかはチェックされません。 コンテンツブロックはコピーされません。

  • ジャーニー - キャンバスの詳細

    ジャーニー内のオブジェクト(条件、アクション、イベント、「セグメントを読み取り」など)を含む、キャンバス上のジャーニーの表示域。 ジャンプアクティビティは、コピーから除外されます。

  • イベント

    ジャーニーで使用されるイベントとイベントの詳細がコピーされます。

  • アクション

    ジャーニーで使用されるアクションとアクションの詳細がコピーされます。

サーフェス(プリセット)はコピーされません。 メッセージのタイプとサーフェス名に基づいて、宛先サンドボックスで最も近い一致が自動的に選択されます。 ターゲットサンドボックスにサーフェスが見つからない場合、サーフェスのコピーは失敗します。 これは、メッセージの設定にサーフェスを使用する必要があるので、メッセージのコピーも失敗することを意味します。 この場合、コピーを機能させるには、メッセージの右側のチャンネルに少なくとも 1 つのサーフェスを作成する必要があります。

スキーマ、結合ポリシーおよびセグメントの場合、これらのオブジェクトのコピーが 2 回目に試みられると、参照のみが行われます。 既に存在するオブジェクトとして扱われ、再度コピーされます。 つまり、これらのオブジェクトは 1 回だけコピーできます。

Adobe Journey Optimizer が、キャンバスにエラーが表示されることなくスキーマ、結合ポリシーおよびセグメントを参照できるようになるまで、5 分の遅延が発生します。5 分待つと、これらの参照が使用可能になります。

このページ