プレースメントの作成

プレースメントを使用すると、メッセージ内の適切な場所に適切なオファーコンテンツが表示されます。オファーにコンテンツを追加すると、そのコンテンツを表示できるプレースメントを選択するように求められます。

➡️ ビデオでこの機能を確認する

下の例では、異なるタイプのコンテンツ(画像、テキスト、HTML)に対応する 3 つのプレースメントがあります。

プレースメントのリストには​コンポーネント​メニューからアクセスできます。フィルターは、特定のチャネルやコンテンツに従ってプレースメントを取得するのに役立ちます。

プレースメントを作成するには、次の手順に従います。

  1. プレースメントを作成」をクリックします。

  2. プレースメントのプロパティを定義します。

    • 名前:プレースメントの名前。わかりやすい名前を定義して、取得しやすくします。
    • チャネルタイプ:プレースメントの使用先となるチャネル。
    • コンテンツタイプ:プレースメントに表示できるコンテンツのタイプ(テキスト、HTML、画像リンク)。
    • 説明:プレースメントの説明(オプション)。

  3. 保存」をクリックして確認します。

  4. プレースメントが作成されると、プレースメントリストに表示されます。選択してプロパティを表示し、編集できます。

チュートリアルビデオ

メモ

このビデオは、Adobe Experience Platformで構築された Offer Decisioning アプリケーションサービスに当てはまります。ただし、Journey Optimizer のコンテキストでオファーを使用する際の一般的なガイダンスを提供しています。

このページ