タグの作成

コンテナ ID を提供しながら Offer Library API に対して POST リクエストを実行することで、タグを作成できます。

Accept ヘッダーと Content-Type ヘッダー

次の表に、リクエストヘッダーの Content-Type フィールドと Accept フィールドを構成する有効な値を示します。

ヘッダー名
Accept application/vnd.adobe.platform.xcore.xdm.receipt+json; version=1
Content-Type application/schema-instance+json; version=1; schema="https://ns.adobe.com/experience/offer-management/tag;version=0.1"

API 形式

POST /{ENDPOINT_PATH}/{CONTAINER_ID}/instances
パラメーター 説明
{ENDPOINT_PATH} リポジトリ API のエンドポイントパス。 https://platform.adobe.io/data/core/xcore/
{CONTAINER_ID} タグが配置されているコンテナ。 e0bd8463-0913-4ca1-bd84-6309134ca1f6

リクエスト

curl -X POST \
  'https://platform.adobe.io/data/core/xcore/e0bd8463-0913-4ca1-bd84-6309134ca1f6/instances' \
  -H 'Accept: application/vnd.adobe.platform.xcore.xdm.receipt+json; version=1' \
  -H 'Content-Type: application/schema-instance+json; version=1; schema="https://ns.adobe.com/experience/offer-management/tag;version=0.1"' \
  -H 'Authorization: Bearer {ACCESS_TOKEN}' \
  -H 'x-api-key: {API_KEY}' \
  -H 'x-gw-ims-org-id: {IMS_ORG}' \
  -H 'x-sandbox-name: {SANDBOX_NAME}' \
  -d '{
        "xdm:name": "Holiday sales and promotions"
    }'

応答

正常な応答では、新たに作成されたタグに関する情報(一意のインスタンス ID とプレースメント @id を含む)が返されます。後の手順で、このインスタンス ID を使用してタグを更新または削除できます。後のチュートリアルで、独自のタグ @id を使用して、コレクションやパーソナライズされたオファーを作成できます。

{
    "instanceId": "d48fd160-13dc-11eb-bc55-c11be7252432",
    "@id": "xcore:tag:124e147572cd7866",
    "repo:etag": 1,
    "repo:createdDate": "2020-10-21T20:34:34.486296Z",
    "repo:lastModifiedDate": "2020-10-21T20:34:34.486296Z",
    "repo:createdBy": "{CREATED_BY}",
    "repo:lastModifiedBy": "{MODIFIED_BY}",
    "repo:createdByClientId": "{CREATED_CLIENT_ID}",
    "repo:lastModifiedByClientId": "{MODIFIED_CLIENT_ID}"
}

このページ