メッセージの使用の基本

Journey Optimizer を使用して、パーソナライズされたプッシュ通知、SMS およびメールメッセージを作成して配信します。 すべてのメッセージは、ジャーニーキャンバス上のアクションの一部としてインラインで編集できます。「テンプレートとして保存」機能を使用すると、コンテンツを簡単に再利用できます。 次のことができます。

  • Journey Optimizer メールデザイン機能​を使用して、レスポンシブなメールを作成または読み込みます。

  • Adobe Experience Manager Assets Essentials を活用してメールを強化し、独自のアセットデータベースを作成および管理します。

  • Adobe Stock の写真​を検索しコンテンツを作成し、メールデザインを改善します。

  • プロファイル属性に基づいてパーソナライズされた​プッシュ通知、SMS、メール​を作成し、顧客体験を強化します。

  • これらのコンテンツに基づいて​配信の送信​を行い、顧客行動を追跡します。

メモ

ユーザーは、製品プロファイルに応じて、ジャーニーにアクセスしたり、ジャーニーを作成、編集および公開したりできます。ユーザー権限の詳細については、 この節を参照してください。

ジャーニーへのメッセージの追加

ジャーニーにメッセージを追加するには、ジャーニーキャンバスにプッシュ、SMS、メールアクティビティを追加するだけです。

  1. ジャーニーを「イベント」または「セグメントの読み取り」アクティビティで開始します。

  2. パレットの「アクション」セクションで、メールSMS または​プッシュ​アクティビティをキャンバスに追加します。

  3. ラベルと説明を入力します。

  4. メッセージ​カテゴリ​の選択:商用メッセージの場合は「マーケティング」を、商用以外のメッセージ(注文の確認、パスワードのリセット通知、配信情報など)の場合は「トランザクション」を選択します。

    注意

    特定のチャネルとカテゴリに対して頻度ルールを定義した場合、そのチャネルとカテゴリを選択すると、それらがメッセージに自動的に適用されます。 現在、頻度ルールでは​マーケティング​カテゴリのみを使用できます。

    注意

    マーケティングタイプのメッセージには、オプトアウトリンクを含める必要があります。この設定は、トランザクションメッセージには必要ありません。これらのメッセージは、アドビからのお知らせを購読解除したプロファイルに送信される可能性があるためです。

  5. チャネル​サーフェス(メッセージプリセットなど)を選択して、メッセージを送信します。

    サーフェスは、システム管理者によって定義された設定です。ヘッダーパラメーター、サブドメイン、モバイルアプリなど、メッセージを送信するためのすべての技術的なパラメーターが含まれています。 詳細情報

    注意

    選択したメッセージカテゴリとチャネルに対して、有効なチャネルサーフェスを選択する必要があります。

    メッセージインターフェイスの「プロパティ」ボタンを使用すると、メッセージのラベル、説明、サーフェスにいつでもアクセスして変更できます。

  6. メッセージコンテンツの作成.

    メッセージコンテンツを作成する詳細な手順については、次のページを参照してください。

送信時間の最適化を有効にする

メールおよびプッシュ通知の場合、送信時間の最適化​を有効にできます。

送信時間の最適化​を使用して、ユーザーごとにパーソナライズされた送信時間をスケジュールし、メッセージの開封率やクリック率を高めます。詳細情報

詳細設定パラメーター

詳細設定パラメーターは読み取り専用で、デフォルトでは非表示になっています。

詳細設定パラメーターにアクセスするには、メッセージペインの上部にある「読み取り専用フィールドを表示」アイコンをクリックします。

詳細設定パラメーターがメッセージペインの下部に表示されます。 これらのパラメーターは、メッセージに関連付けられたチャネルサーフェス(メッセージプリセットなど)で システム管理者によって定義されます。

プッシュ通知の場合、次のパラメーター(トークン、AppID、AppPlatform)を表示できます。

メールの場合は、プライマリメールアドレスを表示できます。

特定の用途では、特定のコンテキストでこれらの値を上書きできます。 値を強制的に指定するには、フィールドの右側にある「パラメーターの上書きを有効にする」アイコンをクリックします。このオプションは、例えば次のような目的に役立つ可能性があります。

  • メールをテストし、メールアドレスを追加する。 ジャーニーの公開後にメールが届きます。
  • リストの購読者のメールアドレスを参照する。詳しくは、このユースケースを参照してください。

デフォルトのパラメータにリセットするには、同じアイコンをクリックします。

メッセージの参照

1 つのジャーニーで複数のメッセージを使用する場合は、コンテンツを編集​画面からメッセージを切り替えることができます。

アラートをチェックし、単一のビューから各コンテンツをシミュレートできます。

メッセージの複製

ジャーニーキャンバスから既存のメッセージをコピーできます。

手順は次のとおりです。

  1. コピーするメッセージを選択します。

  2. アクション​パネルの​コピー​ボタンを使用します。

  3. Ctrl l+ V キーを押して、メッセージをペーストします。

    メッセージがジャーニーキャンバスに追加されます。すべての設定が新しいメッセージにコピーされます。

  4. メッセージの編集時などに、最初のメッセージとコピーを区別できるように、次のようにメッセージの名前を変更します。

メモ

メールの場合、既存のメッセージをテンプレートに変換することもできます。 詳細情報

メッセージの削除

メッセージを削除するには、チャネルアクションアクティビティパネル上部にあるごみ箱アイコンを使用します。

確認​ボタンを使用して検証します。

このページ