プッシュ通知の作成

プッシュ通知は、モバイルアプリのユーザー、特にアプリを積極的に使用していないユーザーにいつでもリーチするのに役立ちます。プッシュ通知は、サービスに関するアップデートのお知らせ、ユーザーに対するアクションの実行の依頼、新しい取引に対するユーザーへの警告など、様々なユースケースの実現に役立ちます。デバイスプラットフォームでは、エンドユーザーが通知を受信または表示する前にオプトインが必要です。ユーザーのオプトインは、インストール後にアプリを初めて起動した後の早い段階で受け取ることも、必要に応じて後続のセッションやワークフローで受け取ることもできます。

Journey Optimizer はプッシュ通知をサポートし、関連性の高い通知を業界最高のスループット率で送信できます。Adobe Experience Cloud でのブランドのデータインサイトを活用するために、プッシュ通知には、パーソナライゼーションとジャーニーベースのコンテキストを含めることができます。

プッシュ通知は次の場所で作成できます。

  • ジャーニー​の場合:ジャーニーにプッシュアクティビティを追加し、基本設定を定義したら、右側の​アクション : プッシュ​パネルを使用して、プッシュ通知のコンテンツを作成します。

    ジャーニーの設定方法について詳しくは、このページを参照してください。

  • キャンペーン​の場合:キャンペーンを作成したら、アクションとして「プッシュ通知」を選択し、基本設定を定義します。

    キャンペーンの設定方法について詳しくは、このページを参照してください。

専用のタブを使用して、iOS および Android オペレーティングシステムのプッシュ通知設定を定義します。

プッシュ通知を初めて作成する場合は、プッシュチャネルが設定されていることを確認してください。詳細情報

メモ

メッセージを作成」セクションは、「iOS」タブと「Android」タブの両方に共通です。この節の変更は、両方の設定に反映されます。

タイトルと本文

メッセージを作成するには、「タイトル」フィールドと「本文」フィールドをクリックします。式エディターを使用して、コンテンツの定義、データのパーソナライズ、動的コンテンツの追加を行います。式エディターでのパーソナライズ機能および動的コンテンツについての詳細をご覧ください。

デバイスのプレビューセクションを使用すると、iOS 端末と Android 端末で表示されるプッシュ通知を視覚化できます。

クリック時の動作

受信者がプッシュ通知の本文をクリックしたときの動作を選択します。

  • アプリを開くには、「アプリを開く」オプションを選択します。通知に関連付けるアプリは、チャネルサーフェス(メッセージプリセットなど)内で定義します。
  • アプリ内の特定のコンテンツ部分にユーザーをリダイレクトするには、「ディープリンク」オプションを選択します。特定のコンテンツには、特定のビュー、ページの特定のセクション、特定のタブがあります。オプションを選択したら、関連するフィールドにディープリンクを入力します。
  • ユーザーを外部 URL にリダイレクトするには、「Web URL」オプションを使用します。オプションを選択したら、関連するフィールドに URL を入力します。

メディアの追加

iOS バージョンのプッシュ通知では、通知内に表示する画像、ビデオまたは GIF を追加できます。

Android バージョンで追加できるのは、画像アイコンと、拡張通知用の画像のみです。

2 つのオプションを使用できます。次のことができます:

  • メディアを追加」ボタンを使用して、Adobe Experience Manager Assets Essentials 内のアセットを選択します。

    Adobe Experience Manager Assets Essentials の使用方法について詳しくは、このページを参照してください。

  • または、「メディアを追加」フィールドにメディアの URL を入力します。この場合、パーソナライズ機能を URL に追加できます。

メディアを追加すると、通知本文の右側に表示されます。

ボタンの追加

プッシュコンテンツにボタンを追加することで、アクションにつながる通知を作成できます。

デバイスの画面がロックされている場合、次のボタンは表示されません。通知の​タイトル​と​メッセージ​のみが表示されます。デバイスのロックが解除されている場合、受信者にボタンが表示されます。

iOS バージョンでは、最大 4 つのボタンを追加できます。Android バージョンでは、最大 3 つのボタンを追加できます。

メモ

iOS の場合、「iOS カテゴリ」フィールドを使用して、アクションを通知カテゴリに関連付けます。

  1. ボタンを追加」をクリックして、ラベルと関連するアクションの設定を定義します。可能なアクションは、クリック時の動作の場合と同じです。

  2. 中央のプレビュー画像の「表示を展開」アイコンを使用して、パーソナライズされたボタンをプレビューします。

サイレント通知の送信

サイレントプッシュ通知(バックグラウンド通知)は、アプリケーションに配信される非表示の命令です。これは、例えば、新しいコンテンツが利用可能であることをアプリケーションに通知したり、バックグラウンドでダウンロードを開始したりする場合に使用します。

サイレント通知」オプションを選択すると、アプリケーションにサイレントに通知できます。この場合、通知はアプリケーションに直接転送されます。デバイスの画面にアラートは表示されません。

カスタムデータ」セクションを使用すると、キーと値のペアを追加できます。

カスタムデータ

カスタムデータ​セクションでは、モバイルアプリケーションの設定に応じて、ペイロードにカスタム変数を追加できます。Adobe Experience Platform と Adobe Launch でのプッシュ通知の設定方法の詳細については、この節を参照してください。

詳細オプション

プッシュ通知用に​詳細オプション​を設定できます。使用できるパラメーターは以下のとおりです。

パラメーター 説明
折りたたみ可能(iOS/Android) 折りたたみ可能なメッセージとは、古くなった場合に新しいメッセージに置き換えられる可能性のあるメッセージです。折りたたみ可能なメッセージの一般的なユースケースは、モバイルアプリに対して、サーバーからのデータを同期するよう伝えるメッセージです。例えば、最新のスコアでユーザーを更新するスポーツアプリが挙げられます。最新のメッセージのみが関連します。一方、折りたたみが不可能なメッセージは、クライアントアプリにとってすべてのメッセージが重要であり、配信する必要があるものです。
カスタムサウンド(iOS/Android) 通知を受け取ったときにモバイル端末が再生するサウンド。サウンドは、アプリにバンドルされている必要があります。
バッジ(iOS/Android) バッジは、新しい未読情報の数をアプリケーションアイコンに直接表示するために使用します。
バッジの値は、ユーザーがアプリケーションで新しいコンテンツを開いたり読んだりするとすぐに消えます。デバイスで通知を受け取ると、関連アプリのバッジ値を更新したり追加したりできます。
例えば、顧客の未読記事の数を保存している場合、パーソナライズ機能を利用して、顧客ごとに未読記事の固有のバッジ値を送信できます。パーソナライゼーションの詳細については、この節を参照してください。
通知グループ(iOS のみ) 通知グループをプッシュ通知に関連付けます。
iOS 12 以降は、通知グループを使用すると、メッセージスレッドと通知トピックをスレッド ID に統合できます。例えば、あるブランドでは、1 つのグループ ID でマーケティング通知を送信すると同時に、1 つ以上の異なる ID で、より多くの運用に関する通知を送信することができます。
例を挙げると、groupID:123 「セーターの新しい春のコレクションをチェックしてください」と groupID:456 「あなたのパッケージが配達されました」という通知グループを設定できます。この例では、すべての配達通知はグループ ID:456 の下にバンドルされます。
通知チャネル(Android のみ) プッシュ通知に通知チャネルを関連付けます。
Android 8.0(API レベル 26)以降では、表示するすべての通知をチャネルに割り当てる必要があります。詳しくは、Android 開発者向けドキュメントを参照してください。
コンテンツ可用性フラグの追加(iOS のみ) プッシュ通知を受け取ると(アプリがペイロードデータにアクセスできるようになると)すぐにアプリを起動し、コンテンツ利用可能フラグをプッシュペイロードで送信します。
この機能は、アプリがバックグラウンドで実行されていて、ユーザーからの操作(プッシュ通知のタップなど)がない場合でも動作しますが、アプリが実行されていない場合は動作しません。詳しくは、Apple 開発者向けドキュメントを参照してください。
可変コンテンツフラグの追加(iOS のみ) プッシュペイロードに可変コンテンツフラグを送信し、iOS SDK で提供される通知サービスアプリケーション拡張機能によって、プッシュ通知の内容を変更できるようにします。詳しくは、Apple 開発者向けドキュメントを参照してください。
その後、モバイルアプリの拡張機能を利用して、Journey Optimizer から送信される着信プッシュ通知の内容や表示をさらに変更できます。このオプションを使用すると、データの復号化、通知の本文やタイトルテキストの変更、通知へのスレッド ID の追加などをおこなうことができます。
通知の表示(Android のみ) プッシュ通知の表示を定義します。
プライベートに設定すると、すべてのロック画面に通知が表示されますが、保護されたロック画面では機密情報やプライベートな情報を非表示にします。
パブリックに設定すると、すべてのロック画面に通知全体を表示します。
シークレットに設定すると、保護されたロック画面に通知を一切表示しません。
詳しくは、Android 開発者向けドキュメントを参照してください。
通知の優先度(Android のみ) プッシュ通知の重要度を「低」から「最高」まで定義します。プッシュ通知が配信された際の、プッシュ通知の「割り込み」の度合いを決定します。詳しくは、Android 開発者向けドキュメントを参照してください。
配信の優先順位(Android のみ) プッシュ通知の優先度を「高」または「通常」に設定します。メッセージの優先度の詳細については、Google 開発者向けドキュメントを参照してください。

プッシュ通知の検証

メッセージのコンテンツを定義したら、テストプロファイルを使用してコンテンツのプレビューとテストを行います。パーソナライズされたコンテンツを挿入してある場合は、そのコンテンツがメッセージにどのように表示されるかを、テストプロファイルデータを利用して確認できます。

モバイルデバイスでのプッシュ通知の表示を視覚化するには、「コンテンツをシミュレート」タブをクリックします。コンテンツのシミュレーションについて詳しくは、この節を参照してください。

また、エディターの上部セクションでアラートを確認します。単純な警告もありますが、メッセージの使用を妨げる可能性のある警告もあります。詳しくは、この節を参照してください。

関連トピック

このページ