メールの作成

メールは次の場所で作成できます。

  • ジャーニー​の場合:ジャーニーにメールアクティビティを追加し、基本設定を定義したら、「アクション : メール」の右側のパネルを使用して、プッシュ通知のコンテンツを作成します。

    ジャーニーの設定方法について詳しくは、このページを参照してください。

  • キャンペーン​の場合:キャンペーンを作成したら、アクションとして「メール」を選択し、基本設定を定義します。

    キャンペーンの設定方法について詳しくは、このページを参照してください。

メールコンテンツの定義

Journey Optimizer E メールデザイナーを使用メールをゼロからデザインします。既存のコンテンツがある場合は、E メールデザイナーに読み込むまたは Journey Optimizer で独自のコンテンツをコーディングできます。

Journey Optimizer には、開始に役立つ一連のビルトインテンプレートが付属しています。任意のメールをテンプレートとして保存することもできます。

Journey Optimizer 式エディターを使用して、プロファイルのデータでメッセージをパーソナライズします。パーソナライズ機能について詳しくは、この節参照してください。

次を使用して、ターゲットプロファイルに合わせてメッセージのコンテンツを調整する Journey Optimizer 動的コンテンツ機能 動的コンテンツの基本を学ぶ

メールトラッキング

受信者の動作を開封数やリンクのクリック数で追跡する場合、「メールの開封数」オプションと「メールのクリック数」オプションを有効にします。

トラッキングの詳細については、この節を参照してください。

メールコンテンツの検証

メールのレンダリングを制御し、左側の「プレビュー」セクションを使用して、テストプロファイルでパーソナライゼーションの設定を確認します。詳しくは、この節を参照してください。

また、エディターの上部セクションでアラートを確認します。単純な警告もありますが、メッセージの使用を妨げる可能性のある警告もあります。詳しくは、この節を参照してください。

メモ

送信元メール」と「送信者名」は、メッセージの作成時に選択した​サーフェス​によって決定されます。

このページ