メッセージプリセットの作成

Journey Optimizer では、メッセージプリセットを設定して、メールとプッシュ通知メッセージに必要な技術的パラメーター(メールのタイプ、送信者のメールと名前、モバイルアプリなど)を定義しておくことができます。

注意
  • メッセージプリセットは、ジャーニー管理者のみが設定できます。 詳細

  • メッセージプリセットを作成する前に、メール設定ステップとプッシュ設定ステップを実行する必要があります。

メッセージプリセットを設定したら、メッセージを作成する際に「プリセット」リストからメッセージプリセットを選択できるようになります。

➡️ メールプリセットの作成および使用方法については、このビデオを参照

メッセージプリセットの作成

メッセージプリセットを作成するには、次の手順に従います。

  1. チャネルブランディングメッセージプリセット​メニューにアクセスし、「メッセージプリセットを作成」をクリックします。

  2. プリセットの名前と説明(オプション)を入力し、設定するチャネルを選択します。

    メモ

    名前は、文字(A ~ Z)で始める必要があります。使用できるのは英数字のみです。 アンダースコア(_)、ドット(.)、ハイフン(-)も使用できます。

  3. メール​の設定を行います。

    • プリセットを使用して送信するメッセージのタイプ(トランザクション​または​マーケティング)を選択します。

      注意

      トランザクション​メッセージは、アドビからのお知らせで購読を解除したプロファイルに送信できます。トランザクションメッセージは、パスワードのリセット、注文のステータス、配信の通知など、特定のコンテキストでのみ送信できます。

    • メールの送信に使用するサブドメインを選択します。 詳細

    • プリセットに関連付ける IP プールを選択します。 詳細

    • そのプリセットを使用して送信するメールのヘッダーパラメーターを入力します。

      注意

      メールアドレスでは、現在選択されているデリゲートされたサブドメインを使用する必要があります。

      • 送信者名:送信者の名前(会社のブランド名など)。

      • 送信者のメール:コミュニケーションに使用するメールアドレス。例えば、デリゲートされたサブドメインが marketing.luma.com の場合は、contact@marketing.luma.com を使用できます。

      • 返信先(名前):受信者がメールクライアントソフトウェアの「返信」ボタンをクリックしたときに使用する名前。

      • 返信先(メール):受信者がメールクライアントソフトウェアの「返信」ボタンをクリックしたときに使用するメールアドレス。デリゲートされたサブドメインで定義されたアドレス(例:reply@marketing.luma.com)を使用する必要があります。そうでない場合、メールは破棄されます。

      • エラーメール:メールを配信してから数日後に ISP で発生したすべてのエラー(非同期バウンス)は、このアドレスで受信されます。

      メモ

      2021年10月リリース以降、Journey Optimizer ユーザーインターフェイスから転送メールアドレスを定義できなくなりました。 Journey Optimizer で受信される、デリゲートされたサブドメイン向けのすべてのメールを特定のメールアドレスに転送する場合は、アドビカスタマーケアサポートチームにお問い合わせください。

      メモ

      名前は、文字(A ~ Z)で始める必要があります。使用できるのは英数字のみです。 アンダースコア(_)、ドット(.)、ハイフン(-)も使用できます。

    • メール再試行パラメーター​を設定します。デフォルトでは、再試行期間は 84 時間に設定されていますが、必要に応じてこの設定を調整できます。

      次の範囲内の整数値(時間または分)を入力する必要があります。

      • マーケティングメールタイプの場合、再試行期間の下限は 6 時間です。
      • トランザクションメールタイプの場合、再試行期間の下限は 10 分です。
      • どちらのメールタイプでも、再試行期間の上限は 84 時間(5040 分)です。
  4. プッシュ通知​の設定を行います。

    • 少なくとも 1 つのプラットフォーム(iOS または/および Android)を選択します。

    • 各プラットフォームで使用するモバイルアプリケーションを選択します。

      プッシュ通知を送信する環境の設定方法については、この節を参照してください。

  1. すべてのパラメーターを設定したら、「送信」をクリックして確定します。 なお、メッセージプリセットをドラフトとして保存し、後で設定を再開することもできます。

  2. メッセージプリセットが作成されると、リストに「処理中」のステータスで表示されます。

    この段階では、メッセージプリセットが適切に設定されていることを確かめるために、いくつかのチェックが実行されています。 処理時間はおよそ 48~72 時間​で、最長で 7~10 営業日​かかることがあります。

    このチェックには、アドビ システムズがおこなう設定および技術テストが含まれています。

    • SPF 検証
    • DKIM 検証
    • MX レコードの検証
    • 拒否リストへの IP 登録の検証
    • Helo ホストの検証
    • IP プールの検証
    • A/PTR レコード、t/m/res サブドメインの検証
    メモ

    チェックが成功しなかった場合、考えられる失敗理由について詳しくはこの節を参照してください。

  3. チェックが正常に完了すると、メッセージプリセットのステータスが「アクティブ」になります。メッセージの配信に使用する準備が整いました。

メッセージプリセットの監視

すべてのメッセージプリセットは、チャネルメッセージプリセット​メニューに表示されます。フィルターを使用すると、チャネルタイプ、ユーザー、ステータスに応じてリストを参照できます。

メッセージプリセットには、次のステータスがあります。

  • ドラフト:メッセージプリセットは下書きとして保存されており、まだ送信されていません。設定を再開するには、これを開きます。
  • 処理中:メッセージプリセットが送信され、いくつかの検証手順を実行中です。
  • アクティブ:メッセージプリセットは検証済みであり、選択してメッセージを作成できます。
  • 失敗:メッセージプリセットの検証中に、1 つ以上のチェックが失敗しました。
  • 非アクティブ:メッセージプリセットが非アクティブになっています。新しいメッセージの作成には使用できません。

メッセージプリセットの作成に失敗した場合、考えられる各エラー理由の詳細は次のとおりです。

これらのエラーのいずれかが発生した場合は、アドビカスタマーケアサポートチームにご連絡ください。

  • SPF 検証に失敗しました:SPF(Sender Policy Framework)はメール認証プロトコルで、特定のサブドメインからメールを送信できる承認済み IP を指定できます。SPF 検証エラーは、SPF レコードの IP アドレスが、メールボックスプロバイダーへのメール送信に使用される IP アドレスと一致しないことを意味します。

  • DKIM 検証に失敗しました : DKIM(DomainKeys Identified Mail)を使用すると、受信したメッセージが関連ドメインの正規の送信者によって送信されたこと、および元のメッセージの内容が途中で改変されていないことを受信サーバーが検証できます。DKIM 検証の失敗は、メッセージコンテンツの信頼性とメッセージコンテンツの送信ドメインとの関連付けを受信メールサーバーが検証できないことを意味します。

  • MX レコードの検証に失敗しました : MX(Mail eXchange)レコードの検証の失敗は、特定のサブドメインに代わって受信メールを受け取るべきメールサーバーが正しく設定されていないことを意味します。

  • 配信品質の設定に失敗しました:配信品質の設定の失敗は、次のいずれかの理由で起こる可能性があります。

    • 割り当てられた IP がブロックリストに登録されている
    • helo 名が無効
    • 対応するプリセットの IP プールで指定された IP 以外の IP からメールが送信される
    • Gmail や Yahoo などの主要な ISP の受信ボックスにメールを配信できない

メッセージプリセットの編集

メッセージプリセットを編集するには、次の手順に従います。

メモ

プッシュ通知設定​は編集できません。メッセージプリセットがプッシュ通知チャネル用にのみ設定されている場合は、編集できません。

  1. リストでメッセージプリセット名をクリックして開きます。

  2. そのプロパティを必要に応じて編集します。

    メモ

    メッセージプリセットのステータスが​アクティブ​の場合、「名前」、「チャネルを選択」および「サブドメイン」フィールドは灰色表示になっており、編集できません。

  3. 送信」をクリックして、変更を確定します。

    メモ

    なお、メッセージプリセットをドラフトとして保存し、後で更新を再開することもできます。

変更が送信されると、メッセージプリセットは、プリセットの作成時と同じような検証サイクルを経ます。

メモ

編集するフィールドが「説明」、「メールタイプ」または「メールの再試行パラメーター」のみの場合、更新は即時に行われます。

ステータスが​アクティブ​のメッセージプリセットの場合は、更新内容の詳細を確認できます。それには、以下の手順を実行します。

  • アクティブなプリセットの名前の横に表示されている「最新の更新」アイコンをクリックします。

  • 更新の処理中に、アクティブなメッセージプリセットの更新の詳細にアクセスすることもできます。

最新の更新​画面では、更新ステータスやリクエストされた変更のリストなどの情報が表示されます。

更新ステータス

メッセージプリセットの更新には、次のステータスがあります。

  • 処理中:メッセージプリセットの更新が送信され、いくつかの検証ステップを実行中です。
  • 成功:更新されたメッセージプリセットが検証済みであり、それを選択してメッセージを作成できます。
  • 失敗:メッセージプリセットの更新の検証中に、1 つ以上のチェックが失敗しました。

各ステータスについて以下で詳しく説明します。

処理中

いくつかの配信品質チェックが実行されて、プリセットが正しく更新されたかどうかが検証されます。

メモ

編集するフィールドが「説明」、「メールタイプ」または「メールの再試行パラメーター」のみの場合、更新は即時に行われます。

処理時間はおよそ 48~72 時間​で、最長で 7~10 営業日​かかることがあります。検証サイクルで実行されるチェックについて詳しくは、この節を参照してください。

既にアクティブになっているプリセットを編集する場合:

  • 検証プロセスが進行中の間は、ステータスは​アクティブ​のまま変わりません。

  • メッセージプリセットリスト内のプリセット名の横に「最新の更新」アイコンが表示されます。

  • 検証プロセス中は、このプリセットを使用してメッセージを設定しても、古いバージョンのプリセットが引き続き使用されます。

メモ

更新中は、メッセージプリセットを変更できません。 名前はクリックできますが、フィールドはすべて灰色表示になっています。 変更は、更新が正常に完了するまで反映されません。

成功

検証プロセスが正常に完了すると、このプリセットを使用するすべてのメッセージで、新しいバージョンのプリセットが自動的に使用されます。 ただし、次の待機時間が必要になることがあります。

  • 単一メッセージで使用されるまでに数分間
  • バッチメッセージで有効になるには、そのプリセットの次のバッチまで

失敗

検証プロセスが失敗した場合は、古いバージョンのプリセットが引き続き使用されます。

考えられる失敗理由について詳しくは、この節を参照してください。

更新が失敗すると、プリセットが再び編集可能になります。 プリセットの名前をクリックし、修正する必要のある設定を更新できます。

メッセージプリセットの非アクティブ化

アクティブ​なメッセージプリセットを新しいメッセージの作成に使用できないようにするには、そのプリセットを非アクティブにします。 ただし、このプリセットを使用して公開されたメッセージは影響を受けず、引き続き機能します。

メモ

更新の処理中にメッセージプリセットを非アクティブにすることはできません。 更新が正常に完了するか失敗するまで待つ必要があります。 詳しくは、メッセージプリセットの編集およびその中の更新ステータスを参照してください。

  1. メッセージプリセットリストにアクセスします。

  2. 対象となるアクティブなプリセットで、「その他のアクション」ボタンをクリックします。

  3. 非アクティブ化」を選択します。

メモ

非アクティブ化されたメッセージプリセットは削除できません。メッセージの送信にそのプリセットを使用しているジャーニーで問題が発生しないようにするためです。

非アクティブ化されたメッセージプリセットは直接編集できません。 ただし、プリセットのコピーを作成し編集して新しいバージョンを作成し、それを使用して新しいメッセージを作成することはできます。 また、プリセットを再度アクティブにし、更新が正常に完了するまで待って編集することもできます。

ハウツービデオ

メッセージプリセットの作成方法と使用方法、サブドメインのデリゲート方法および IP プールの作成方法について説明します。

このページ