電子メールデザイナーのコンテンツ用コンポーネントを使用する

メールコンテンツを一から作成する際は、コンテンツコンポーネントを使用すると、メールに配置して使用できる空の Raw コンポーネントで、メールをさらにパーソナライズできます。
メールのレイアウトを定義する構造コンポーネント​内には、必要な数だけ​コンテンツコンポーネント​を追加できます。

ボタン

ボタン​コンポーネントを使用すると、メールに複数のボタンを挿入し、メールのオーディエンスを別のページにリダイレクトできます。

  1. コンテンツコンポーネント」から、「ボタン」を「構造コンポーネント」にドラッグ&ドロップします。

  2. 新しく追加したボタンをクリックして、テキストをパーソナライズし、E メールデザイナーの右側のペインにある「コンポーネント設定」にアクセスできるようにします。

  3. コンポーネント設定」の「リンク」フィールドで、ボタンをクリックしたときにオーディエンスをリダイレクトする先の URL を追加します。

  4. ターゲット​ドロップダウンで、オーディエンスのリダイレクト方法を選択します。

    • なし:クリックしたフレームと同じフレームでリンクを開きます(デフォルト)。
    • 空白:リンクを新しいウィンドウまたは新しいタブで開きます。
    • セルフ:クリックしたフレームと同じフレームでリンクを開きます。
    • :親フレームでリンクを開きます。
    • トップ:ウィンドウ全体でリンクを開きます。

  5. ボタンをさらにパーソナライズするには、スタイルマージンボーダー​などを変更します。

テキスト

テキスト​コンポーネントを使用すると、メールにテキストを挿入できます。「コンポーネント設定」で、テキストの色、スタイル、サイズを調整できます。

  1. コンテンツコンポーネント」で、「テキスト」を「構造コンポーネント」にドラッグ&ドロップします。

  2. 新しく追加したコンポーネントをクリックして、テキストをパーソナライズし、E メールデザイナーの右側のペインにある「コンポーネント設定」にアクセスできるようにします。

  3. ツールバーで次のオプションを使用して、テキストを変更します。

    • テキストスタイルの変更:テキストに太字、斜体、下線、取り消し線を適用します。
    • 配置の変更:テキストの行揃えを左揃え、右揃え、中央揃えまたは両端揃えから選択します。
    • リストの作成:テキストに箇条書きまたは番号リストを追加します。
    • 見出しの設定:テキストに最大 6 つのレベルの見出しを追加します。
    • フォントサイズ:テキストのフォントサイズをピクセル単位で選択します。
    • 画像の編集:テキストコンポーネントに画像またはアセットを追加します。アセット管理の詳細情報
    • ソースコードの表示:テキストのソースコードを表示します。変更はできません。
    • 複製:テキストコンポーネントのコピーを追加します。
    • 削除:選択したテキストコンポーネントをメールから削除します。
    • パーソナライズの追加:パーソナライゼーションフィールドを追加し、プロファイルデータを使用してコンテンツをカスタマイズできます。コンテンツのパーソナライゼーションの詳細情報
  4. ユーザーエクスペリエンスを向上させるために、パーソナライゼーションフィールドを追加し、オーディエンスをターゲットに設定できます。詳しくは、このを参照してください。

  5. コンポーネント設定​を使用すると、テキストの色フォントファミリサイズ​を調整できます。

ディバイダー

ディバイダーコンポーネントを使用すると、分割線を挿入してメールのレイアウトと内容を整理できます。
コンポーネント設定​で、区切り線の色、スタイル、およびサイズを選択できます。

HTML

HTML を使用すると、既存の HTML の別の部分をコピーして貼り付けることができます。これにより、無料のモジュール型 HTML コンポーネントを作成できます。

外部のコンテンツを簡単に E メールデザイナーに準拠させるには、一からメッセージを作成し、既存のメールのコンテンツをコンポーネントにコピーすることをお勧めします。

  1. コンテンツコンポーネント​で、「HTML」を「構造コンポーネント」にドラッグ&ドロップします。

  2. 新しく追加したコンポーネントをクリックし、ソースコードを表示​して HTML を追加します。

  3. 追加する HTML コードをメールにコピー&ペーストし、「保存」をクリックします。

  4. HTML をさらにパーソナライズするには、スタイルマージンボーダー​を変更したり、オーディエンスを別の内容にリダイレクトするリンクを追加したりします。

画像

画像​コンポーネントを使用すると、コンピューターからメールに画像ファイルを挿入できます。

  1. 内容コンポーネント​で、画像​を​構造コンポーネント​にドラッグ&ドロップします。

  2. 参照」をクリックして、アセットから画像ファイルを選択します。

    Assets Essentials について詳しくは、Adobe Experience Manager Assets Essentials のドキュメントを参照してください。

  3. 新しく追加したコンポーネントをクリックして​コンテンツコンポーネント​の設定を開始し、E メールデザイナーの右側ペインにある「コンポーネント設定」にアクセスできるようにします。

  4. 画像プロパティを設定します。

    • 画像タイトル 」で、画像のタイトルを定義します。
    • 代替テキスト​を使用すると、画像にリンクするキャプションを定義できます。これは alt HTML 属性に対応します。

  5. 画像をさらにパーソナライズするには、スタイルマージンボーダー​を変更したり、オーディエンスを別のコンテンツにリダイレクトするリンクを追加したりします。

ビデオ

ビデオ​コンポーネントを使用すると、メールに URL リンクでビデオを挿入できます。

  1. コンテンツコンポーネント​で、ビデオ​を​構造コンポーネント​にドラッグ&ドロップします。

  2. 新しく追加したコンポーネントをクリックして​コンテンツコンポーネント​の設定を開始し、E メールデザイナーの右側ペインにある「コンポーネント設定」にアクセスできるようにします。

  3. コンポーネント設定​の「ビデオリンク」フィールドに、ビデオの URLを 追加します。

  4. ビデオに​ポスター画像​を追加すると、オーディエンスが再生ボタンをクリックするまで表示する画像を指定できます。

  5. 画像をさらにパーソナライズするには、スタイルマージンボーダー​などを変更します。

ソーシャル

ソーシャル​コンポーネントを使用すると、メールにソーシャルメディアページへのリンクを挿入できます。

  1. コンテンツコンポーネント」で、「ソーシャル」を「構造コンポーネント」にドラッグ&ドロップします。

  2. 新しく追加したコンポーネントをクリックして​コンテンツコンポーネント​の設定を開始し、E メールデザイナーの右側ペインにある「コンポーネント設定」にアクセスできるようにします。

  3. コンポーネント設定」の「ソーシャル」フィールドで、追加または削除するソーシャルメディアを選択します。

  4. 画像のサイズ」フィールドで、アイコンのサイズを選択します。

  5. 各ソーシャルメディアアイコンをクリックし、オーディエンスをリダイレクトする先の URL を設定します。

  6. 必要に応じて、「画像」フィールドで各ソーシャルメディアのアイコンを変更することもできます。

  7. ソーシャルメディアのアイコンをさらにパーソナライズするには、スタイルマージンボーダー​を変更します。

オファーの決定

オファーの決定コンポーネントを使用し、メッセージに決定を挿入します。決定は、意思決定管理を活用して、顧客に提供する最適なオファーを選択します。

関連トピック:

このページ