パーソナライズされたオファーの追加

Journey Optimizer のメールメッセージでは、オファー決定エンジンを利用して、顧客に提供する最適なオファーを選択するための決定を挿入できます。

例えば、受信者のロイヤルティレベルに応じて変わる特別割引オファーを、メールに表示する決定を追加できます。

オファーの管理および作成方法について詳しくは、この節を参照してください。

オファーの設定方法を示す​完全なエンドツーエンドの例​については、オファーを決定で使用し、この決定をメールで活用して、この節を参照してください。

➡️ オファーをパーソナライゼーションとして追加する方法については、このビデオをご覧ください

メールへの決定の挿入

注意

開始する前に、オファーの決定を定義する必要があります。

メールメッセージに決定を挿入するには、次の手順に従います。

  1. メールを作成し、E メールデザイナーを開いてそのコンテンツを設定します。

  2. オファー決定​コンテンツコンポーネントを追加します。

    コンテンツコンポーネントの使用方法については、この節を参照してください。

  3. 右側のパレットに「オファーの決定」タブが表示されます。「オファーの決定を選択」をクリックします。

  4. 表示されるウィンドウで、表示するオファーに対応するプレースメントを選択します。

    プレースメントは、オファーの表示に使用するコンテナです。この例では、「メールトップ画像」のプレースメントを使用しますこのプレースメントは、メッセージの上部に配置された画像タイプオファーを表示するために、オファーライブラリで作成されました。

  5. 選択したプレースメントに一致する決定が表示されます。コンテンツコンポーネントで使用する決定を選択し、「追加」をクリックします。

    メモ

    選択したプレースメントと互換性のある決定のみがリストに表示されます。この例では、「メールのトップ画像」プレースメントに一致するオファーアクティビティは 1 つだけです。

これで、オファーアクティビティがコンポーネントに追加されました。

変更を保存し、メッセージを公開すると、ジャーニーの一部としてメッセージを送信する際に、関連するプロファイルにオファーが表示されるようになります。

メモ

公開済みメッセージで直接または間接的に参照されるオファー、フォールバックオファー、オファーコレクション、オファー決定を更新すると、その更新は、対応するメッセージに自動的に反映されるようになり、再公開する必要がなくなりました。

メール内のオファーのプレビュー

オファー​セクションまたはコンテンツコンポーネントの矢印を使用して、決定に含まれる様々なオファーをプレビューできます。

決定に含まれる様々なオファーを顧客プロファイルで表示するには、次の手順に従います。

  1. プレビュー」をクリックします。

    メモ

    メッセージのプレビューをおこなうには、テストプロファイルを使用可能にしておく必要があります。テストプロファイルを作成する方法を学びます。

  2. テストプロファイルの識別に使用する名前空間を選択するには、「ID 名前空間」フィールドから「メール」を選択します。

    メモ

    以下の例では、メール​名前空間を使用します。Adobe Experience Platform の ID 名前空間については、この節を参照してください。

  3. ID 名前空間のリストで、メール​を選択し、選択​をクリックします。

  4. ID 値​フィールドに、テストプロファイルを識別する値を入力します。この例では、テストプロファイルのメールアドレスを入力します。

  5. 他のプロファイルを追加して、プロファイルデータに応じて様々なバリエーションのメッセージをテストできるようにします。

  6. プレビュー」タブをクリックして、メッセージをテストします。

  7. テストプロファイルを選択します。選択したプロファイル(女性)に対応するオファーが表示されます。

  8. メッセージの各バリエーションに対してメールの内容をプレビューするには、他のテストプロファイルを選択します。メッセージコンテンツに、選択したテストプロファイル(現在は男性)に対応するオファーが表示されます。

メッセージのプレビューを確認する詳細な手順については、この節を参照してください。

ハウツービデオ

Journey Optimizer でメッセージに Offer Decisioning コンポーネントを追加する方法を参照してください。

このページ