ゼロから開始

E メールデザイナーを使用すると、メールの構造を簡単に定義できます。単純なドラッグ&ドロップ操作で構造要素を追加したり移動したりして、メールの形を数秒でデザインすることができます。

電子メールデザイナーでメールコンテンツの作成を開始するには、次の手順に従います。

  1. 電子メールデザイナーのホームページで、「ゼロからデザイン」オプションを選択します。

  2. 構造コンポーネント​をドラッグ&ドロップして電子メールコンテンツのデザインを開始し、電子メールのレイアウトを定義します。

    メモ

    列のスタックは、すべてのメールプログラムと互換性があるわけではありません。サポートされていない場合、列は積み重ねられません。

    メールに配置した後は、既にコンテンツコンポーネントまたはフラグメントが内部に配置されていない限り、コンポーネントを移動または削除できません。

  3. 必要な数の​構造コンポーネント​を追加します。

    n:n 列」コンポーネントを選択して、選択する列数(3~10)を定義します。各列の下部にある矢印を動かして、各列の幅を定義することもできます。

    メモ

    各列のサイズを構造コンポーネントの全幅の 10%未満にすることはできません。空でない列は削除できません。

  4. コンテンツコンポーネント」ドロップダウンから、必要な数の​コンテンツコンポーネント​を構造コンポーネントに追加できます。コンテンツコンポーネントの詳細情報

  5. 各コンポーネントは、「コンポーネント設定」セクションで詳細にカスタマイズできます。例えば、コンポーネントのテキストスタイル、パディング、またはマージンを変更できます。整列とパディングの詳細については、こちらを参照してください。

  6. アセットピッカー」から、アセットライブラリ​に保存されているアセットをメールに直接追加できます。アセット管理の詳細情報

アセットを含むフォルダーをダブルクリックし、メールに追加するアセットをドラッグ&ドロップします。

  1. パーソナライズフィールドを追加して、プロファイルデータのコンテンツをカスタマイズします。コンテンツのパーソナライゼーションの詳細情報

  2. 左側のペインの「リンク」タブで、追跡するコンテンツのすべての URL のリストを確認します。必要に応じて、トラッキングタイプラベルタグ​を変更できます。

    メモ

    リンクとメッセージの追跡について詳しくは、このページを参照してください。

  3. 必要に応じて、詳細メニューの「コードエディターに切り替え」をクリックしてコードエディターに切り替え、メールをさらにパーソナライズできます。コードエディターについて詳しくは、このページを参照してください。

    メモ

    コードエディターに切り替えると、このメールのビジュアルデザイナーは使用できなくなります。

  4. プレビューを表示」をクリックして、メールのレンダリングを確認します。デスクトップまたはモバイル表示を選択できます。

    メールのプレビュー方法について詳しくは、このページを参照してください。

  5. メールの準備が整ったら、「保存して閉じる」をクリックします。

このページ