ランディングページのサブドメインの設定

ランディングページプリセットの作成を可能にするには、ランディングページに使用するサブドメインをセットアップする必要があります。

既にアドビにデリゲートされているサブドメインを使用するか、別のサブドメインを設定できます。サブドメインのアドビへのデリゲートについて詳しくは、この節で説明します。

既存のサブドメインを使用

既にアドビにデリゲートされているサブドメインを使用するには、次の手順に従います。

  1. 管理チャネル​メニューにアクセスして、メール設定ランディングページのサブドメイン​を選択します。

  2. サブドメインを設定」をクリックします。

  3. 設定タイプ 」セクションから「デリゲートドメインを使用」を選択します。

  4. ランディングページの URL に表示するプレフィックスを入力します。

    メモ

    英数字とハイフンのみが使用できます。

  5. リストからデリゲートされたサブドメインを選択します。

    メモ

    既にランディングページのサブドメインとして使用されているサブドメインは選択できません。

    同じ親ドメインの複数のデリゲートされたサブドメインを使用することはできないことに注意してください。 例えば、「marketing1.yourcompany.com」が既にランディングページ用にアドビにデリゲートされている場合、「marketing2.yourcompany.com」を使用することはできません。ただし、ランディングページ用に複数レベルのサブドメインがサポートされている場合は、「marketing1.yourcompany.com」のサブドメイン(「email.marketing1.yourcompany.com」など)または別の親ドメインを使用して続行できます。

    注意

    CNAME メソッドを使用してアドビにデリゲートされたドメインを選択する場合、ホスティングプラットフォーム上に DNS レコードを作成する必要があります。DNS レコードを生成する手順は、新しいランディングページサブドメインを設定する際の手順と同じです。この節でその方法を説明します。

  6. 送信」をクリックします。

  7. 送信されると、サブドメインは​処理中​ステータスでリストに表示されます。サブドメインのステータスについて詳しくは、この節を参照してください。

    メモ

    そのサブドメインを使用してメッセージを送信できるようになるには、必要なチェックがアドビで実行されるまで待つ必要があります(最大で 4 時間かかることがあります)。

  8. チェックが正常に完了すると、サブドメインのステータスが「成功」になります。ランディングページプリセットの作成に使用する準備が整いました。

新しいサブドメインを設定

新しいサブドメインを設定するには、次の手順に従います。

  1. 管理チャネル​メニューにアクセスして、メール設定ランディングページのサブドメイン​を選択します。

  2. サブドメインを設定​をクリックします。

  3. 設定タイプ 」セクションから「独自のドメインを追加」を選択します。

  4. デリゲートするサブドメインを指定します。

    注意

    既存のランディングページのサブドメインは使用できません。

    無効なサブドメインをアドビにデリゲートすることはできません。組織が所有する有効なサブドメイン(marketing.yourcompany.com など)を入力してください。

    メモ

    ランディングページでは、複数レベルのサブドメインがサポートされています。 例えば、「email.marketing.yourcompany.com」を使用できます。

  5. DNS サーバーに配置するレコードが表示されます。このレコードをコピーするか、CSV ファイルをダウンロードしてから、ドメインをホストするソリューションに移動し、一致する DNS レコードを生成します。

  6. DNS レコードがドメインホスティングソリューションに生成されていることを確認します。すべてが正しく設定されている場合は、「確認しました」チェックボックスをオンにし、「送信」をクリックします。

    メモ

    新しいランディングページのサブドメインを設定すると、常に CNAME レコードを指すようになります。

  7. サブドメインのデリゲーションが送信されると、そのサブドメインは「処理中」ステータスでリストに表示されます。サブドメインのステータスについて詳しくは、この節を参照してください。

    メモ

    そのサブドメインを使用してメッセージを送信できるようになるには、必要なチェックがアドビで実行されるまで待つ必要があります(最大で 4 時間かかることがあります)。

  8. チェックが正常に完了すると、サブドメインのステータスが「成功」になります。ランディングページプリセットの作成に使用する準備が整いました。

    ホスティングソリューションで検証レコードを作成できなかった場合、サブドメインは「失敗」とマークされます。

このページ