権限レベル

各製品プロファイルは、ユーザーが様々な機能にアクセスできる権限で構成されています。
権限は次の 2 つのタイプに分けることができます。

  • 高レベル権限ジャーニーの公開​や​サブドメインのデリゲーションの管理​など、Admin console で​製品プロファイル​に割り当てることができる様々な権限を表します。高レベル権限は、低レベル権限を含みます。

  • 低レベル権限:高レベル権限から取得される様々な権限を表します。

例えば、ジャーニー管理者​製品プロファイルには、ジャーニーの管理​権限が割り当てられます。 この権限により、ジャーニー管理者がジャーニーの書き込み、読み取りおよび削除ができる低レベル権限が生じます。

ジャーニー機能

ジャーニー管理の権限

ジャーニーの管理​の高レベル権限を持つユーザーは、新しいジャーニーの作成や、既存のジャーニーの編集/削除、ジャーニーキャンバスでジャーニーフローの構築に使用されるオブジェクトへのアクセスができます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:

    • journeys.read
    • journeys.write
    • journeys.delete
    • messages.read
  • Adobe Experience Platform 固有:

    • segments.read
    • profiles.read
    • datasets.read
    • schemas.read

ジャーニーの公開権限

ジャーニーの公開​の高レベル権限を持つユーザーは、ジャーニーを公開できます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:
    • journeys.publish
    • journeys.read

ジャーニーの表示権限

ジャーニーの表示​の高レベル権限を持つユーザーは、ジャーニーを参照および表示できます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:

    • journeys.read
  • Adobe Experience Platform 固有:

    • segments.read
    • profiles.read

ジャーニーイベント、データソース、アクションの管理権限

ジャーニーイベント、データソース、アクションの管理​の高レベル権限を持つユーザーは、イベントとデータの設定を行うことができます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:
    • journeys_events.read
    • journeys_events.write
    • journeys_events.delete
    • journeys_data_sources.read
    • journeys_data_sources.write
    • journeys_data_sources.delete
    • journeys_actions.read
    • journeys_actions.write
    • journeys_actions.delete
  • Adobe Experience Platform 固有:
    • schemas.read
    • datasets.read
    • identity_namespace.read

ジャーニーイベント、データソース、アクションの表示権限

ジャーニーイベント、データソース、アクションの表示​の高レベル権限を持つユーザーは、ジャーニーフローでイベントとデータを使用できます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:

    • journeys_events.read
    • journeys_data_sources.read
    • journeys_actions.read
  • Adobe Experience Platform 固有:

    • schemas.read
    • datasets.read
    • identity_namespace.read

ジャーニーレポートの表示権限

ジャーニーレポートの表示​の高レベル権限を持つユーザーは、ジャーニーレポートを読み取ることのみが可能です。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:

    • journeys_report.read
    • messages_report.read
  • Adobe Experience Platform 固有:

    • datasets.read
    • queries.read
    • queries.write
    • queries.delete

メッセージ機能

メッセージの管理権限

メッセージの管理​の高レベル権限を持つユーザーは、メッセージを作成および編集/削除できます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:

    • messages.write
    • messages.read
    • messages.delete
    • messages_presets.read
  • Adobe Experience Platform 固有:

    • segments.read
    • schemas.read

メッセージのプレビューとテストの管理権限

メッセージのプレビューおよびテストの管理​の高レベル権限を持つユーザーは、パーソナライズされたメッセージをプレビューできます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:

    • messages.publish
    • messages_preview_and_test.write
    • messages.publish
  • Adobe Experience Platform 固有:

    • profiles.read
    • profiles.write
    • schemas.read
    • datasets.write
    • datasets.read
    • identity_namespace.read
    • segments.read
    • queries.write
    • merge_policies.read

メッセージの公開権限

メッセージの公開​の高レベル権限を持つユーザーは、メッセージを公開できます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:

    • messages.publish
  • Adobe Experience Platform 固有:

    • profiles.read
    • schemas.read
    • datasets.read

メッセージの表示権限

メッセージの表示​の高レベル権限を持つユーザーは、メッセージの読み取りのみ可能です。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:

    • messages.read
    • messages_presets.read
  • Adobe Experience Platform 固有:

    • schemas.read
    • segments.read

メッセージレポートの表示権限

メッセージレポートの表示​の高レベル権限を持つユーザーは、読み取り専用のメールおよびプッシュレポートが許可されます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:
    • messages_report.read
    • datasets.read
    • queries.read
    • queries.write
    • queries.delete
    • journey.read

決定管理機能

決定の管理権限

決定管理​の高レベル権限を持つユーザーは、既存の​アクティビティエンティティ​の編集/削除、新規作成をおこなえるほか、これらのアクティビティで使用されるオブジェクトを管理し、決定することができます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • 決定管理固有:

    • activities.read
    • activities.write
    • activities.delete
    • offers.read
    • offers.write
    • offers.delete
    • placements.read
    • placements.write
    • placements.delete
    • ranking_strategy.read
  • Adobe Experience Platform 固有:

    • datasets.read
    • datasets.write
    • datasets.delete
    • schemas.read
    • profile.read
    • segments.read

決定の表示権限

決定を表示​の高レベル権限を持つユーザーは、既存のアクティビティと関連するビジネスオブジェクトを使用して意思決定をおこなうことができます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • 決定管理固有:

    • activities.read
    • offers.read
    • placements.read
    • ranking_strategy.read
  • Adobe Experience Platform 固有:

    • schemas.read
    • segment.read
    • datasets.read
    • datasets.write
    • datasets.delete

オファー決定の公開権限

オファー決定の公開​の高レベル権限を持つユーザーは、オファーアクティビティを承認/未承認する権限を持ちます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • 決定管理固有:

    • offers_activity.read
    • offers.read
    • offers.write
    • offers.delete
    • placements.read
    • placements.write
    • placements.delete
    • ranking_strategy.read
  • Adobe Experience Platform 固有:

    • schemas.read
    • segment.read
    • datasets.read
    • profiles.read

ランキング戦略の管理権限

ランキング戦略の管理​の高レベル権限を持つユーザーは、カスタムメッセージレポートの読み取り、作成、編集および削除や、アクション機能を使用できます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • 決定管理固有:
    • ranking_strategy.read
    • ranking_strategy.write
    • ranking_strategy.delete
    • activities.read
    • offers.read
    • placements.read

管理機能

サブドメインのデリゲーション権限の管理

サブドメインのデリゲーションの管理」という高レベルの権限を持つユーザーは、サブドメインのデリゲーション(IP プールを含む)の作成、編集および削除を行えます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • subdomains_delegation.read
  • subdomains_delegation.write
  • subdomains_delegation.delete

PTR レコードの表示権限

PTR レコードの表示」という高レベルの権限を持つユーザーは、サブドメインに基づいて設定されたPTR レコードを表示できます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • PTR_records.read
  • subdomains_delegation.read

IP プールの管理権限

IP プールの管理」という高レベルの権限を持つユーザーは、アフィニティ定義の作成、編集および削除を行えます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • IP_pools.read
  • IP_pools.write
  • IP_pools.delete

メッセージの一般設定の管理権限

メッセージの一般設定の管理」という高レベルの権限を持つユーザーは、サンドボックスレベルでグローバル設定の作成、編集および削除を行えます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:
    • messages_general_settings.read
    • messages_general_settings.write
    • messages_general_settings.delete
  • Adobe Experience Platform 固有:
    • schemas.read

メッセージの一般設定の表示権限

メッセージの一般設定の表示」という高レベルの権限を持つユーザーは、実行アドレスなどの、メッセージの一般設定を表示できます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:
    • messages_general_settings.read
  • Adobe Experience Platform 固有:
    • schemas.read

メッセージプリセットの管理権限

メッセージプリセットの管理」という高レベルの権限を持つユーザーは、チャネルをまたぐメッセージプリセットの作成、編集および削除をサンドボックスレベルで行えます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:
    • messages_presets.read
    • messages_presets.write
    • messages_presets.delete
    • subdomains_delegation.read
    • IP_pools.read
    • mobile_setting.read(Adobe Experience Platform Launch から)

メッセージプリセットの表示権限

メッセージプリセットの表示​の高レベル権限を持つユーザーは、メッセージの作成時にどのメッセージプリセットを使うべきか理解できるように、メッセージプリセットを表示できます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • messages_presets.read
  • subdomains_delegation.read
  • IP_pools.read
  • mobile_setting.read(Adobe Experience Platform Launch から)

抑制権限の管理

抑制を管理」という高レベルの権限を持つユーザーは、メールアドレスが抑制リストに追加されるまでのバウンス数を定義できるほか、抑制リストに対するエントリの追加や削除も行うことができます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • suppression_rules.read
  • suppression_rules.write
  • suppression_rules.delete
  • suppression_list.write
  • suppression_list.delete

「抑制リストの表示」権限

抑制リストの表示」という高レベルの権限を持つユーザーは、抑制リストの内容と設定を表示できます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:
    • suppression_list.view
  • Adobe Experience Platform 固有:
    • profiles.read
    • datasets.read

抑制リストの書き出し権限

抑制リストのエクスポート」という高レベルの権限を持つユーザーは、抑制リストを CSV ファイルとしてダウンロードできます。

これには、次の低レベル権限が含まれます。

  • Journey Optimizer 固有:
    • suppression_list.export
  • Adobe Experience Platform 固有:
    • profiles.read
    • datasets.read

このページ